超高齢化社会

2017/08/14 Mon 04:44

今回日本にしばらくいる間に新聞やらテレビを見てると本当に超高齢化社会なんだな…と思いまして。まぁ読者や視聴者層に合わせているからなのもあるでしょうが、介護関係のテーマが多かった気がします。うちの実家の周辺でも老人ホームも多いしデイケアーの車をしょっちゅう見かけたので、実際そうなんでしょうねぇ。

で、介護関係や病気関係の本をいろいろ読んだので、その中で良かったなと思うものをご紹介します。


ちょうど発売されたばかりで売れてるとかいうので読みました。肺炎で亡くなる方が増えてるのは喉が弱って誤嚥のせいだったのか…と。父にも読ませたら、最近カラオケで喉を鍛えているようです(゚∀゚)


人は江戸時代には3万歩歩いていたそうな。散歩の時間が取れなくても駅1つ分を歩くエスカレーターの代わりに階段とか意識するだけでも違いそうですね。歩こう!


これは新たに出た介護編のようなのですが、前作の方を読みました。今年うちの猫が老衰で亡くなったのですが、この方のいう自然死そのもので…。飲まず食わずほぼ眠る日々が続いた後に穏やかに亡くなりましたが、私もこういう風に世を去りたいなと思います(゚∀゚)ここに宣言しときますね。

いやはや老いるのもなかなか大変です。。
関連記事



TV・映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
Mackoさん、こんにちは。

超高齢化社会 。介護の問題、私も他人事では無くなってきました。両親も「そういうお年頃」になりましたので。Mackoさんのおススメの本を参考に
本屋さんを覗いてみま〜す😊
Re: No title
emiさん

こんにちは。ホント私もまだ大丈夫だと思ってたらそんな年になってましたi-230
健康に年を取れたら理想だなと思うので、私達自身も日ごろから気をつけないとな~と思います。良かったら是非!

管理者のみに表示