世界のクロサワ

2017/01/18 Wed 01:11

雪景色
日本も寒波が来ているようですが、こちらもご覧のとおり寒いです。

雪景色
川も完全に凍ってる。。
 
邦画
そんな訳で引き籠もり、クリスマスに義理の両親からもらった邦画DVDセットを見てます。

邦画
黒澤明監督の『生きる』『用心棒』『椿三十郎』、新藤兼人監督『裸の島』『鬼婆』というなかなか渋いセットです。日本語音声+ハンガリー語字幕。

初めて見たんだけど、世界の巨匠だけあって黒澤監督の作品はどれも良いですね。(新藤監督の作品はちょっと深いというか重いというか…。)個人的に特に、『生きる』と『椿三十郎』が面白かったです。


『生きる』なんて52年の作品なんだけど、そのテーマ性から今でも学ぶことは多いような。人間の悩みって、今も昔も変わらないんですね…。


『椿三十郎』は今でも単純に楽しめるので見てない方にはおススメ。若かりし頃の加山雄三や田中邦衛なども出てます。(&小林桂樹が良い味出してました。)メイキング映像も入っていたんですが、白黒映像で『赤い椿』を見せるためわざわざ10,000個の『白い椿』に黒で色をつけたという話なんかもあり、当時の限られた技術下での映画製作の苦労話も面白い。簡単に諦めないその情熱がスゴイな、と。

両監督の作品とも考えさせられる部分はあるんだけど、黒澤監督の作品はユーモアがあってエンターテインメント性があるので万人受けしやすいかも。他の作品も見てみたいなーと思います。
関連記事



TV・映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
優しい義理のご両親様💛
わぁ 素敵なDVD 素敵なご両親さま。

ハンガリーの方から知らない日本を教えて貰うこと
私もあります。

中南米に移住した日本人の本読みましたと学生さんに言われましたよ。
Re: 優しい義理のご両親様💛
ひつじさん、こんにちは。

そうそう、私もハンガリー人から日本のこと教わること多いです…。三島由紀夫や川端康成のことを聞かれたりすると『私に聞いてくれるなーi-230i-232』と思いつつ慌てて読んだりしてますi-239

管理者のみに表示