ジェイミーのレストラン

2016/09/15 Thu 03:33

覚えてます?ジェイミー・オリバー。イギリスの料理研究家というのかな。日本ではかなり昔に一時流行ったというか話題になったように思います。そんな Jamie ですが、ヨーロッパでは相変わらず人気なんですよ。テレビ番組もあるし、本や彼の発行するマガジン?的な物もあれば、スーパーでは彼のブランド製品(調味料やパスタソースなど)が陳列されてます。

日本で紹介された頃は可愛い少年だった彼も今はポッチャリ気味の良いお父さんですが、何だかんだ言って彼の番組があるとついつい見ちゃいます。ただ、あ?毎回一緒じゃないか?っていうくらいに意外にレシピはシンプル。オリーブオイルをふんだんに使い、大好きだとかいうチリを使ってとにかく豪快男の料理。にんにくだって皮なんて剥いてられん、と叩いてそのまま鍋にぶち込みます。そして毎回『Oh, Fantastic!』の連呼。ほんとかね?と思いつつ、翌日には作ってみようかな…と思ったりするので完全に彼のパフォーマンスにやられます。レシピうんぬんより、見せ方がうまい。

と、前置きが長くなりましたがそんなジェイミーのレストランがブダペストに出来たので興味本位で行ってきまして。経営はブダペストで何店もレストラン経営やってるユダヤ系?の方のようなんですが、ジェイミーの出店条件結構厳しいらしいです。素材調達やら何やらキッチンの管理など細かいと聞いてたので、「そりゃ美味しいに違いない!」とかなり期待をして行きました。。
(↓写真がなぜかセピアモードになってしまい相変わらず酷いですが…。)

ジェイミー・オリバーレストラン
立地はブダの王宮近くでひっきりなしに観光客が通るすごい良い場所。

ジェイミー・オリバーレストラン

ジェイミー・オリバーレストラン
ネットで予約受付けしているのですが、平日でも結構すぐ埋まってます。ただ、予約枠が埋まるだけで当日空いてる席は結構あるので予約なしでも行けるのかも。。

ジェイミー・オリバーレストラン
このブルスケッタ美味しかった。

ジェイミー・オリバーレストラン

ジェイミー・オリバーレストラン
ピザはやめたほうが良いと何かの記事で読んだのでパスタにしました。

うーむ。普通にカルボナーラだったんですが、塩辛い。私は肉体労働者なみに濃い目の味が好きなので、私にとって濃い味だと相当の塩分量です…。完食できず、残念。

こういう時ってウェイターさんに言ったほうが親切なんですかね。ハンガリーでは塩辛い食事には『シェフが恋に落ちてる』という言い方をするんですが、『シェフが大恋愛しておられるようで…』と言おうかと思ったけどそんな勇気は無かったです。『量が多くて…ごにょごにょ』が精一杯(-∀-)

ジェイミー・オリバーレストラン
ティラミスは美味しかったらしい。

サービスもすごく良かった。いつかまた行くことがある…かも…しれ
ない(゚∀゚)

*あくまで個人的な体験なので気にしないで下さい*

HP:https://www.jamieoliver.com/italian/hungary

関連記事



-お店等(参考にならぬ) | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんにちは。
ジェイミーオリバーのお店、ちょっと塩辛いんですね…
でもお料理、とっても美味しそう。
サービスも良いみたいですし。一度は行ってみたいです。
行きたいリストに追加です。

P.S シェフが恋をしてる…とっても素敵な言い方をハンガリーではするんですね。勉強になりました❣️
Re: No title
emiさん

こんにちは。

たまたま私たちのものが塩辛かっただけだと思うので、
場所も良いですし一度行かれてみて下さい。ただ、ハンガリーでは一号店ですが、
多分他の国には結構あるのかも…。

恋するシェフ、素敵ですよね。相手に直接的な言い方をしたくない時や自分の料理の言い訳なんかに使えますi-239

管理者のみに表示