わ。もう8月下旬になってる…。一度さぼり癖がつくと、なかなか…

またまた刺繍の旅っていうか結構うちから近いので日帰りですが、マチョーで有名なメズークベシュドに行ってきました。夏になると毎月国内フェスティバルの案内冊子が届くのですが、何でもフォークロアフェスティバルなるものがあるとかって記載されていたので行ってみました。…が、『えっ、これがフェスティバル?』ってな規模でした。本来は最終日に行くべきだった模様です。残念…。

m1.jpg
とりあえず、マチョーミュージアムを訪問。常設展に加え、今回は刺繍のコンテスト作品の展示を見ることができました。これらの作品が素晴らしいのなんのって…。で、一眼レフを持って行ったんですがね、充電してた電池を家に忘れるという失態をやらかしたため、結局はスマホでもない電話で写真撮影してきました。残念…。

以下、常設展示より
m4.jpg
m5.jpg
m6.jpg

以下、季節展示
m2.jpg

m3.jpg
一番のお気に入りは、白いイーラーショシュ刺繍のカーテン。こういうのが欲しい!って言ったら『作ったらいいじゃん』っていとも簡単に言われましたよ。私が作ったら1辺に1年かかりそうなんだが。

m7.jpg
m10.jpg
ミュージアムの後は、フェスティバルが行われているらしき地区へ。伝統の何とかっていうお菓子作り(ゴーフルみたいなやつ)やラムシチュー作りなどが行われていました。あとは刺繍作品の販売が少しあったくらいかな。これを『フェスティバル』と名付けてよいのか、との疑問は拭えませんが小さな村ですからね。

m11.jpg
暑い中、若い女性二人が伝統的な衣装を着て写真を撮っていました。私にも勧められましたが、気温40度の炎天下でこの衣装を着る勇気はなく丁重にお断りを。。

m8.jpg
m9.jpg
近くには家具などをペイントする職人さんのお店もありましたよ(お店だけど、入場料が必要)。ご本人は家具のペイントでお母さんが刺繍をなさっているとかって。ペイントものの他に刺繍作品もたくさんありました。

m12.jpg
こちらのお店ではおばあちゃんとお孫さんがお出迎え。おしゃべり好きな二人がいろいろと教えてくれました。マチョーの刺繍って世界遺産になってまた注目され始めているものの、需要が追いつかないみたいです。刺繍って今の若い人はやらないですしね。刺繍を手伝ってくれる人たちも絵柄の少ないものを選びたがるとかって…今は色んな娯楽があって以前のように刺繍にじっくり取り組むのが難しいんでしょうね。

にしても写真が酷すぎますね、こりゃ。

*すみません、夏休みのためまたしばらくお休みします。*
関連記事



刺繍の旅 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
マチョーの刺繍、かわいい!
いろんな種類があるんですよね、毎回ご紹介を楽しみにしてるよ~!

さて夏休みとな。楽しんでね!
聖イシュトバーンの日、おめでとう~☆
Re: タイトルなし
Kaoryさん、

こんにちは。
お返事遅くなってごめんなさい。夏休みしてました。

マチョーの刺繍かわいいでしょうi-237
個人的にはカロチャよりこっちが好きです。
刺繍いろいろ見て回るだけで満足しちゃって、
なかなか自分でしないので困ったものだよi-239

管理者のみに表示