手続きをしてからかなり経ちましたが先日ようやく税金番号のカードが届きました。これがないと銀行の口座が開けなかったりお仕事できなかったりするみたいです。というわけで、やっとこさ一通りの手続きを終えたようなので、いつかどなたかのお役に立てば…とこれまでのお役所手続きをおさらいしたいと思います(まぁここに書いたことも私個人にのみ当てはまる事項もたくさんあると思うので参考になるかどうか不明です)。

1)婚姻予約
わたしたちは2010年9月に結婚しましたが、私自身はハンガリーに2010年4月に来ました。ハンガリーでは役所婚が義務付けられているので、まず最初に行ったのは市役所の婚姻係。そこで、いついつ結婚しますという予約を入れてもらいます(だいたい土曜日が多く、時間も指定します)。その際、戸籍謄本と日本大使館で発行してもらった婚姻条件具備証明等も持参しました。ただ必要書類については市役所や区によっても違うみたいなので事前に尋ねる必要があります。

2)滞在延長許可
で、Visaなしで来た私は婚姻までにシェンゲン協定で規定されている日数以上の日にちがあったので、移民局で滞在延長許可をもらわなければなりませんでした。その移民局での手続きに必要だった書類が1)婚姻予定である旨を書いた市役所発行の文書2)配偶者になる人の収入・納税証明など…諸々でして税務局から書類を取り寄せたりと結構大変だったようなので…できるなら事前に在日ハンガリー大使館でVisaを発行してもらうといった手続きをした方がいいかもしれません。

3)婚姻およびその届出
役所婚は当日当人と双方の立会人がいれば成立します。音楽を用意したり、花束贈呈・シャンパンで乾杯(オプション)など日本のお役所では考えられない流れもあったりします。役所婚をすればそれで終了なのですが、うちらの場合は家族がクリスチャンなのでその後教会でも挙式しました。後日、役所婚で発行してもらった婚姻証明(とその翻訳。大使館HPにフォーマットあるので自分でできる)・戸籍謄本・パスポート等をもって日本大使館に届ければ両国での結婚手続きは終了です。

(ちなみに私は旧姓を残してますが日本ではミドルネームが原則認められないため、今は戸籍上は旧姓のままです。ただ、家裁に申立て手続きした上で相当理由があると判断されれば変更可能で、そうすれば戸籍名に基づくパスポート名も変更できます。なお、旧姓のままでもパスポートを作りなおせばミドルネームをカッコ書きで記載&ICチップにもその旨記載してくれます。)

4)婚姻による滞在許可
婚姻の手続きをすれば自動的に滞在許可をもらえるわけでなく、その後、移民局に婚姻証明・パスポートを持参して滞在許可をもらいます(移民局はいつも待たされるので予約をして行った方がよいです)。パスポートにシールのような滞在許可を貼ってもらいます。婚姻による滞在許可は最初は5年のようです。

5)税金番号カード
必要書類は正確には忘れちゃいましたが、滞在許可付パスポートと申請書類だったかな。税務局に行って税金番号付与の手続きをして税金番号カードを発行(後日郵送にて受け取り)してもらいます。

あ、そういや住民番号住所カードってのもあるなー。いつどの段階で作ったのかなぁ。…と、こうしてみると結構いろいろ面倒だったのね。まぁ私はほとんど何もしてないんだけど…あ、そういえば役所で発行してもらった婚姻証明に間違えがあって結婚式の翌々日に発行し直してもらったなんてこともありました…。お役所手続きはホント待たされたり、必要書類が変わったりと面倒なことが多々あります。ここはもう日本の行き届いたサービスのことはキッパリ忘れ去って臨む方が精神衛生上よいようです

fahej_.jpg
ひゃー疲れたにゃ。
関連記事



結婚・手続関係 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示