断る勇気

2017/10/26 Thu 03:33

選挙ありましたね。私も在外で投票しましたが、毎回世論と自分の考えの違いに驚きます…(゚∀゚) 

はて、先日のつづき。取材をお手伝いした記者さんがその後長期休暇を利用してハンガリーにも寄ってくれたので再会しました。

取材の最中、初めてのヨーロッパで見るもの全てに感激していた彼女、近いうちに長期休暇がもらえるのでまた遊びに来たいと言っていて。でも「休暇の間に先輩たちと国内旅行に行く約束してるから無理だなぁ、」と言ってたんですよ。そこで私は「そんなん断れば?」って唆した。国内旅行はいつでもできるけど、ヨーロッパには年に一回の長期休暇くらいにしか来れない訳だから・・・。

ら、本当に断って出発3日前に航空券取ってザック背負ってフランスに出発したそうな。飛行機の乗り継ぎもままならなかった彼女がこっちのLcc やバスを駆使して欧州数ヶ国回ってきたと、生き生きと話してくれたのは驚きと同時にすごく嬉しかったです。

で、それが出来たのも「キャンセルすれば?」と唆した私のお陰だと!
おほ(゚∀゚)
「断ったりしたら生意気と思われないか・・・」と心配してたので、「そんなもんは思わせときゃいいよ。」とピシッと言ってやりましたのでね(=∀=)

まぁでもねぇ、今は周りがどう思おうと自分のしたい選択を躊躇なくしてるけど、確かに若い頃は私も周りがどう思うかなんてことを気にしてたからねぇ。断るのす~ごく勇気いっただろうなぁ、と思います。(いやあの、約束は守らなくていいとかいう話ではないですよ、念のため)

空気読んで周りに合わせるってある意味楽ではあるんだけど、楽しくないんですよね。どうしたって自分の本心とは違う選択してる訳だから・・・。しかも、自分は自己を犠牲にして周りのために選択してるから、そうじゃない人(いわゆる「空気読めない奴」)には寛容になれない・・・。で、全体に不満が渦巻いていく、というループ。

各人が自分の幸せのために他人に嫌われる勇気をもってものごと選択していくと、結果みんな幸せになっていくんじゃないかなと思います。

読んでない方は是非。


関連記事

TV・映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)

移住後初めて見た景色

2017/10/19 Thu 03:33

旅日記も終わったので、夏休みに入る前の出来事について少し。。

普段私は在宅で翻訳の仕事をしているのですが、今回アテンドのお仕事の依頼がありました。通訳の仕事で苦い経験があり、それ以来は翻訳以外はお話が来ても一切お断りしてきたので今回も…と思ったものの、お世話になっている翻訳会社さんの依頼だったこともあり受けてみることにしまして。

2日前に正式に決まり、準備などもほとんどできないまま業務に向かいました。内容は番組取材のアテンドで、通訳はもちろん色んな手配やリサーチなど業務は多岐に亘ります。コミュ障気味の私には元々興味のないお仕事だったし、そもそもやったことないから次々に降りかかる無理難題に四苦八苦。電話をかけるのも、見知らぬ人に話しかけるのも苦手なんだけど(日本語でも)とにかく時間がないからツベコベ言ってる暇もなくて無我夢中でこなしました。2日間でもう何十人の人に電話したり話しかけたりしたかな。。

少ない情報を頼りに現地で突撃取材だったのですが、運が味方にしてくれて当初の目的はほぼ果たせました(と、思う)。「私だったらしないなー」という決断を記者さんがその場で下したことが大きかったです。

でも、何より大きかったのは、優しいハンガリー人たちにたくさん出会えたこと。はっきり言って無茶なことを言ってたんですよ、うちら。もちろん嫌な顔する人もいたし、冷たい対応する人もいたんだけど、見ず知らずの人間に考えられないくらい親切にしてくれた人がたくさんいました。在住者としてはそんな人たちに出会えたことが何よりも嬉しかったです(この仕事受けてなかったらこの景色は見れなかったはずなので、勇気を出して受けて良かったとホント思う)。

色んな人と話して親切にしてもらってわかったことは、言葉云々よりどれだけハートをオープンにしてコミュニケーション出来るかなんだな、ということ。下手で申し訳ないとか罪悪感を抱きながらだと上手くいかない。海外でも日本語で通してなぜか通じてる大阪のおばちゃんたちがお手本だな、と改めて思いました(=∀=) (これは西欧と違ってデフォルトで暗め・不親切感の漂う旧共産圏では特に必須のスキルかと…。言語力よりよっぽど大事。

一方で今回のことで日本人の仕事の仕方などについても考えさせられました。電通の件で特にメディア界の働き方は変わってきたそうなのですが、それでもまだ改善するとこは多々ありそうだな、と。あのテンポでずーっと働くのは私は無理(*^_^*)
テレビ番組って1時間の放映に何倍もの収録があるとは聞いてましたが…本当~にそうなんですね。いやホント、裏側にどれだけの仕事量があるんだ!ってテレビの見方が変わりました。すごく大変な世界(´・Д・) (ちょうど、日本のメディアのことを書いたハフポストの記事(「逃げよう。自分を縛り付けるものから」が新しい地図。私たちにとっても。)を目にしましたが、「ホントこのまんまだ」と思いました…(-∀-))

と、まぁすごく刺激的なお仕事で楽しい部分もあったのは事実ですが、ひきこもりの私には年に1回くらいが丁度いいかな、と思います(゚∀゚)


関連記事

日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
クロアチアからの帰りにスロベニアのリュブリャーナに滞在しました。姉の上司と同僚がちょうど学会で滞在しているとのことで、急遽お二人をブレッド湖へお連れすることに。

ブレッド湖
あいにく、朝からすごい雨でして。止みそうにないので、雨の降る中、手漕ぎボートで湖に浮かぶ島の教会へ。

ブレッド湖
この漕ぎ師ってのは世襲制というのか、代々限られた家族の男性のみ就ける職業なのだとか。日本の鵜飼いみたいなやつですかねぇ。

ブレッド湖

ブレッド湖

ブレッド湖
このマリア教会には大きな鐘があって、それを鳴らすと願いが叶うそうで…。

な~んと、鐘をがんがん鳴らした30分後にはさっそくその効果が!


ブレッド湖
ぴたり、と雨が止んだよ!「鐘のご利益をこんな小さなことに使って良いんだろうか…」と言いつつも感謝(゚∀゚)

ブレッド湖

ブレッド湖

ブレッド湖
その後はお城に行って、お昼をご馳走になりました。

ブレッド湖
お城からのブレッド湖の眺め。これはこれで幻想的でアリですかねぇ。

おまけ:
リュブリャナMolysushi
リュブリャーナでは夜のレストランお客さん一杯で断られ続けたあげく、回転寿司なのに寿司が回転してこない寿司屋さんに行きました(-∀-)

関連記事

スロベニア | コメント(0) | トラックバック(0)
さて、旅日記に戻ります(=゚ω゚)ノ

ブラチ島の特産といえばオリーブオイルだそうでして、この日はオリーブオイル・ミュージアムに行ってきました。

オリーブオイルミュージアム
ナビを頼りに行くも看板も見当たらず「ホントに合ってるのかね?」という道を延々と走った先にありました、小さなミュージアム。

オリーブオイルミュージアム
ここは昔の伝統的なオリーブオイルの製法に際し使われていた設備・器具が展示されています。今は技術の進化で使っていないけれど、せっかくだから、とこちらのご家族が保存してミュージアムの形にされたのだとか。どのようにオリーブオイルが製造されていたか、良いオリーブオイルの見分け方などなど説明して下さいます。

オリーブオイルミュージアム
これで実を潰して種と実に分ける。種は燃料として利用。

オリーブオイルミュージアム
この機械を使って冷水、ぬるま湯、熱湯の3段階でオイル抽出。

知ってました?オリーブオイルは作ったその日以降どんどん質が低下していくだけだって!酸化が大敵なので、陽のあたらない場所に保管して開封後はなるべく早く使い切ったほうが良いのだそうな。
あと、良いオリーブオイルの見分け方は新鮮な香りと、飲むと喉がピリピリすること、だそうです。ここのオイル試飲させてもらったんだけど、本当に「うわっ!」っていうピリピリが喉にきましたよ。

オリーブオイルミュージアム
それから、エキストラ・バージンオイルって本当に貴重なものなので、安価ではありえないそうで。製造者はオイルのサンプルをラボに提出して「エキストラ・バージンオイル」の認証を得ても、それを他のオイルと混ぜて販売していることがほとんどなのだそうです。

他にお客さんもおらず、お姉さんがとっても良い人でお喋りな方だったこともあり、うちら2時間くらい居座りました…。オリーブオイルだけじゃなくてクロアチアの歴史などもいろいろ説明して下さったんだけど、世界史サッパリな私は『?ナポレオン??』みたいな。。べ、勉強しようかな(。-_-。)。

以上でブラチ島情報はおわり。総括して島はいい!ですな。クロアチアの島をコツコツ訪れたいです。

高城さんによれば、島が来てる!らしいよ。この本ではクロアチアの島1つ(ビシェヴォ島)紹介されてます。


関連記事

クロアチア 2015/2017 | コメント(0) | トラックバック(0)

amazonギフト券詐欺

2017/10/05 Thu 00:00

のんびり旅日記を更新している場合じゃない事態が発生(-∀-) といっても被害者は母です。どうか皆さんも気をつけて下さいませ。

<本詐欺の流れ>
1)携帯のメール(SMS)に【電話料金の未払いについて】というメールが届く。
2)「おかしいな、自動引き落としなのに。」と思いつつ、あろうことかメールに記載の電話番号に電話。
3)何やかんや言いくるめられてセブンイレブンに行ってアマゾンギフト券5万円分購入するよう指示される。
4)なぜか素直に指示に従い購入して相手にギフト券裏の番号を告げる。相手側からカード自体は封筒ごとポストに入れるよう指示される。
5)郵便局のポストに行く際に「ん?宛名も何もないものをポストに投函?」と不信に思い、郵便局の人に確認。郵便局員わらわら集まり、そりゃ詐欺だと発覚。


アマゾンギフト券とはアマゾンでお買い物できる券なのですが、数字で構成された要は電子マネーです。

自分でアマゾンのアカウントを持っていて、もし詐欺に気づいて相手より先にこの電子マネーを自分のアカウントに登録できていれば実質被害はないんですが、母はアマゾンのアカウントを持っていなかったため対応が遅れました。警察に被害届を出したそうですがどうなることでしょう(´・_・`)

ちょっと調べてみたんですが、このギフト券系の詐欺って結構あるんですね。転売されたものを買ったら使えなかったとか云々。電子マネーは便利な一方で犯罪に使われやすいのかな。。

母が得た今回の教訓
1)「自分は絶対に詐欺に引っかからない」という妙な自信を持たないこと。
…この私が!!きーっ!となっていましたが、警察署に「お金に関することは詐欺!」というポスターが貼ってあったそうで妙に納得してました。過信禁物。

2)日常の雑多なことに振り回されて「心ここにあらず」の状態でいないこと。
…父のお世話もあって分刻みで動いているので「今やれることは今やっちゃえ!」と深く考えることなしに雑務をこなしているらしく、それが今回の事態を招いたようです。この金額が10万円とかだったら「おかしいな」と気づいたはずなんですが、相手もそれを承知でこの金額だったんでしょうね。

私としてはほんの数日前にツイッターで新種の手の込んだ詐欺の件を読んでいて、母に伝えようとしていた矢先にこれが起きました。手が込んでもないこんな初歩的な詐欺になんで引っかかるかな~(。-_-。) 

ちなみに、音声ガイダンスを使った手の込んだ詐欺についての記事↓
【注意】これは騙される…「新手の詐欺電話」が巧妙すぎ!

皆さん、気をつけましょう(-∀-)

関連記事

未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME |