ボキューズ・ドール 2017

2017/01/31 Tue 01:11

ポール・ボキューズ氏が創設したという料理コンテスト、ボキューズ・ドールが先日行われ、な~んとハンガリーチーム総合4位と大健闘しました(1位米国、2位ノルウェー、3位アイスランド)。歴代受賞者はほとんどフランスや北欧勢なので、東欧でこの成績は本当に快挙です。

ハンガリーチームを率いるシェフは、ミシュラン1つ星レストラン「Onyx」に去年まで所属していたセール・タマーシュ氏。こちらではスーパーLIDLの広告などにも出てるので、見たことある人も多いかも。

セール・ターマシュ
私はスーパーに行くたび彼のレシピチラシをもらってきます。&ポイントを集めてもらえるレシピ本も持ってます。。

boquse.jpg
ハンガリーチームのメインディッシュ写真
©


野菜ディッシュ盛り付けの様子の動画(ハンガリーの森をイメージした一皿)

去年の夏にブダペストで行われたヨーロッパ大会ではハンガリーチームが優勝したのですが、それ以降ずっとこの本大会のために準備してきたとのこと。週3回いずれかのメニューを試作し調整してきたらしく、全ての業務が綺麗に役割分担されて動きに全く無駄がないです。メダルは逃したけど、特別賞2つ(ベストメインディッシュとポスター)貰ってるので名前はしっかり残してきたのではないかな。

そんなセール・タマーシュ氏、ブダペストの市場(Belvarosi Piac)内にビストロを近々開店予定のようです。FB:https://www.facebook.com/stand25bisztro/ 

いつか行ってみたいなーと思います(゚∀゚)

関連記事

日々のこと | コメント(3) | トラックバック(0)

きな粉を作る

2017/01/26 Thu 01:14

日本のニュースで『長距離バスの運転手さんが寝込んじゃった!』というニュースを見ました(゚∀゚)

つい先日ハンガリーの大学生たちを乗せた長距離バスがイタリアの高速道路で事故って多くの死傷者が出たんですよ。状況があまりに悲惨すぎてニュース見るのも辛い位の大事故だったんですが、その後に見たこの寝込んじゃったニュースだったので、私としてはもうとにかく『皆生きてて良かったねー』って感じです。連絡せずに寝るなんてけしからん!のだけど、もうね、事故になるよりいいです。本当に。

はて。タイトル通りきな粉作りまして。家で作れるって知ってました?

きな粉
大豆(洗って軽く乾燥済)をフライパンでちょっと炒って

きな粉
すり鉢でする

きな粉
と、1日かかりそうだったので、コーヒーミルで攪拌。

きな粉
出来上がり。

もうすぐ節分ですが、余った大豆の消化に如何でしょうか(*゚ェ゚*)


関連記事

日本食材作り | コメント(2) | トラックバック(0)

世界のクロサワ

2017/01/18 Wed 01:11

雪景色
日本も寒波が来ているようですが、こちらもご覧のとおり寒いです。

雪景色
川も完全に凍ってる。。
 
邦画
そんな訳で引き籠もり、クリスマスに義理の両親からもらった邦画DVDセットを見てます。

邦画
黒澤明監督の『生きる』『用心棒』『椿三十郎』、新藤兼人監督『裸の島』『鬼婆』というなかなか渋いセットです。日本語音声+ハンガリー語字幕。

初めて見たんだけど、世界の巨匠だけあって黒澤監督の作品はどれも良いですね。(新藤監督の作品はちょっと深いというか重いというか…。)個人的に特に、『生きる』と『椿三十郎』が面白かったです。


『生きる』なんて52年の作品なんだけど、そのテーマ性から今でも学ぶことは多いような。人間の悩みって、今も昔も変わらないんですね…。


『椿三十郎』は今でも単純に楽しめるので見てない方にはおススメ。若かりし頃の加山雄三や田中邦衛なども出てます。(&小林桂樹が良い味出してました。)メイキング映像も入っていたんですが、白黒映像で『赤い椿』を見せるためわざわざ10,000個の『白い椿』に黒で色をつけたという話なんかもあり、当時の限られた技術下での映画製作の苦労話も面白い。簡単に諦めないその情熱がスゴイな、と。

両監督の作品とも考えさせられる部分はあるんだけど、黒澤監督の作品はユーモアがあってエンターテインメント性があるので万人受けしやすいかも。他の作品も見てみたいなーと思います。


関連記事

TV・映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)

きびのおもち?

2017/01/13 Fri 07:26

お正月に実家から救援物資便を送ってもらったものの、『おもち』を入れてもらうのを忘れてまして。やたらお正月のおもち写真を見ていたらどうしても食べたくなり、その中にあった雑穀で作ったお餅なるものにちょっと挑戦してみるかと重い腰を上げて作ってみました。
キビだんご

キビだんご
健康志向なお義母さんが『キビ(köles)』を買って保管してたので今回はこれを使うことに。そう、桃太郎が団子にしてたやつです。

キビだんご
キビを炊いて、すり鉢ですって団子にして、

キビだんご
小豆から炊いたお汁粉にINしてみました。

ら!!!

美味しくない(゚∀゚) 

ややや、お汁粉におにぎり🍙が入ったような。まったくもってマッチしてないよ!

どうもキビにも『うるち種』と『もち種』とか種類があるらしいのでその違いだったんでしょうか…。『もちキビ』じゃないとダメだったのかも。。でもそんなん売ってるんかいな…。

これでまた一つ穀物に詳しくなりました(-∀-)

関連記事

日本食材作り | コメント(0) | トラックバック(0)

リスボンの市場

2017/01/05 Thu 05:30

えーと、まだ続いていた旅行記です。今回で終わらせたいと思います。

書きたいことがまだまだあった気がするんですが、だいぶ忘れてしまった…ものの、ポルトガルの食のことを書いておかなくては!ズバリ、いろいろ美味しかった!! お隣スペインも良いけど、甘党にはポルトガルおススメです。だてに日本にカステラ運び込んだ国じゃないですな。

リスボンではフードコートを併設した市場が人気だとかで、両方行ってきました。
リスボンの市場
先ずは、カンポ・デ・オウリケ市場。

リスボンの市場
近くに可愛い看板発見。

リスボンの市場
市場部分は14時に閉まってしまうけどフードコートは夜遅くまでやってます。

リスボンの市場

リスボンの市場
そんなに大きな市場ではないけど、海鮮系もお肉系も美味しいものが色々ありましたよ。

リスボンの市場
一方でこちらのリベイラ市場は500席もあるすごい広いフードコート。料理教室なんかもありましたよ。
リスボンの市場
日本にもありそうなエクレア屋さん。ちょうど日本人女性たちがお買い物してました。

リスボンの市場

リスボンの市場

リスボンの市場
毎日エッグタルト食べてたので、違いがわかる女になりました(゚∀゚) ど~も卵の黄味より片栗粉が多いと美味しくないらしい。たぶん。。。

どちらの市場も昔からの市場を最近改装したようで雰囲気は同じ。両方とも夕方でもすごく混んでいたので、改装して正解だった模様です。『これをブダペストの中央市場でやれたらねー』と言ったら、即答『無理だね』とのこと。だろうね(。-_-。)

ポルトガルは作家の檀一雄氏や俳優の高倉健氏なども愛した国だそうでして。そんなに大きくもなく素朴さもあって情緒あふれる感じがいいんでしょうかね。5日間の滞在中たくさんの客引きにあったんですが(-∀-)、皆総じて明るい!全く引かない!『店来なくていいからお喋りしましょう!』みたいなノリで、客引きの仕事すら楽しんでる感が良かったです。『この人ホントこの仕事好きなんだろうね』っていうのがわかる人っていいよね(゚∀゚)


今回もお世話になった地球の歩き方。これがなかったら地下鉄のパスモのようで切符のようなカードシステムわかんなかったな。。

おわり。


関連記事

ポルトガル | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »