君の名は 読書編

2016/10/27 Thu 03:33

トラバントな秋
秋の風景にトラバントが似合うでしょう?一瞬いつの時代の写真かと思うでしょうが(゚∀゚) 今日、近所で撮ったものです。

はて。話題の映画、観てみたいけど観れないので小説を読みました。泣けました(あ、最近私の涙腺はぶっ壊れているので当てにならないです)。


この世界感というのか空気感好きですねー。すごい透き通ってる感じ。どんなだ(=∀=)

でも、映画観てないから何とも言えないけど、これはーアニメより実写で見たいかも。実写版できたりするかな?あーでも隕石が落ちた村とか無理か…。いやCGで何とかなるんじゃ(゚∀゚)

で、この映画も時代的に必要なメッセージが含まれてる感じ。ま、たいていヒットする映画とか本とかってそうですよね。

個人的には、人生で出会うべき人だったり出会うべき物ってやっぱりあって、人生それを探すのがメインみたいな気がしてます。そのプロセスで色々あって成長するというか。でもいろんな物や情報に溢れている中で何を信じてどうやって探すんだ!ってわからなくなるけど、それは本当に微かな記憶のような何となく・・・な自分の感覚の糸をたぐり寄せることの繰り返しなのかな、と。そういう自分の感覚は常に大事にしないとなと思ってます。まーそうは言っても難しいんだけどね。色んな意味で断捨離しないと見えてこないというか思い出せないというか・・・。

それはそうと、ちょうど62年前にも「君の名は」と「ゴジラ」という名の映画がトップを争ったんだって。時代は巡ってくるのね(゚∀゚)

関連記事

TV・映画・本 | コメント(0) | トラックバック(0)

自分を知るって大事

2016/10/21 Fri 03:33

ここのところ猫たちに引っ掻かれて傷が絶えません…。爪を立てずに引っ掻いてくる身をわきまえた子もいるんだけど、加減を知らないやんちゃな子はガンガン爪を立てたまま背中に飛び乗ってきたりするから恐ろしい ミミズ腫れになって痛い(。pω-。)

はて、最近占星術を勉強し始めまして。まぁそう言っても本を何冊か読んだりしてるだけなんですがね。それでも結構新たな発見とかあって面白いです。

いわゆる雑誌とかである星占いだと太陽の位置だけを見るんですが、本来のホロスコープは10個の惑星の位置を見ます。私はまだできないけど、もっと詳しく見るとすると惑星がどのハウスに入っているかとかも見るので、同じ誕生日の人でも生まれ時間や場所によってかなり違いが出てくるみたいです。

で、私は10個の惑星のうち3つが射手座にあるんですよ。海外・言語・法律なんかを表す射手座がそんだけあるので、私が今海外に住んで言語を使って法律関係に関わってるというのは自然な流れってことになります。それから、惑星が位置してる星座群を四大元素で分けるとすると私は10個の惑星のうち極端に火の星座が多く、土や水が少ない。こういう人は瞬発力があって何かスタートさせるのは向くけど、じっと一つのところで継続するとかが無理な人。まぁこれも本当そのままです。私が熱しやすくて冷めやすいのは星がそうなってるんだから仕方ないんです!まぁ若い頃は何で自分は何も続かないんだろ・・・なんて悩んだこともあったけど、今じゃもう開き直ってる。

星が悪い、星が(*ノェノ)

いや、何が言いたいかというと・・・。こういう風に人ってそれぞれ色んな素質があって、社会で生きていく上である程度それらに折り合いつけていくのは仕方ないんだけど、必要以上だと悲劇を招くな・・・ということです。

凶悪な事件などの背景だとか見てると本当にそう思うんですよね。

職人肌の人で淡々と自分の作業をするのが得意な人が年齢的に管理職を求めらると途端にそれが無理で精神的にキツいとか。本当は芸術系で自由に創造性を働かせるのが向いているのに堅い事務仕事求められてミス連発しちゃうとか。どうしたって自分の中で違和感って感じるはずなんですよね。でもそこで「せっかく有名企業に就職したから」とか「ここまで頑張ったんだから」みたいな思考で自分の感覚に見ない振りをしちゃうと自分や他人を死に追いやることにもなりかねない。特に真面目な人は自分で何とかしたいと思うんだけど、悲劇を招きかねないのでぶっちゃけ星のせいでも他人のせいでもして逃げた方が良いかと。

自分が見ているこの現実は自分で作っているというのが真理なのだろうと思うし、自分の人生は自分で責任を持つのは当たり前なんだけど、それがわかっている人ほど全てを自分の責任にしちゃいがち。でも、自分を守れるのも自分なので「何か無理」「何か変」的なその感覚センサーに敏感でいないと。手遅れになる前に・・・。

と、妙に偏った自分のホロスコープを見ながら思いました。。私は今後自分に都合の悪いことは全部星のせいにしたる^^


こういうやつ読んでます。kindle版もあり。


占星術じゃなくても心理テストとかで自分の傾向を客観的に測っておくと人生の運転操作が少し楽になってくるかも。

関連記事

日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

クルトシュふたたび

2016/10/14 Fri 03:56

今こっちでやってる料理コンテスト番組があって、結構気に入って見ています。料理好きの挑戦者たちが毎回課題に応えて調理し、それを有名シェフを含めた審査員が審査する形式。優勝者は賞金1,000万HUFが貰えるとか。

挑戦者にはハンガリー在住の外国人もいたり、海外在住のハンガリー人もいたりしてそれぞれの食文化も垣間見れたりします。中には「え?あんたよくそれで出場したね」という勇敢な人たちもいたり(゚∀゚)海がない国なのでどうしても魚系の課題には皆苦戦してますね。海老なんかを調理したことはおろか食べたこともない人もいっぱいいますのでね・・・。

試合のルールは結構えぐい部分もあるんだけど、色んな料理テクニックを知れるし、ミシュランシェフがどうやって創作料理をするのか見れるのもすごく楽しいです。そんな中でも、シェフが最後にその日脱落した人に素敵な言葉をかけてくれる場面が一番好きかな。その人の料理や姿勢で良かったところを誉めてあげるので、きっとその人たちはずっと料理を好きでいられるんだろうなと思います。負けたとしても皆晴れ晴れと勉強になった!って感じで帰っていってます。こういう風に導くと人ってきっとすごい伸びるよねー(゚∀゚)

で、前置きが長くなったけど、そのシェフがオーブンで作るクルトシュカラーチを披露していたので早速やってみました。

クルトゥシュカラーチ
アルミ缶+アルミ箔でオーブン内で立てて焼く!という。そうか、立てて焼くってのは盲点でした。アルミ箔にサラダ油を塗り、発酵したパン生地を巻き付けます。卵黄か水を塗った上でシナモン+砂糖、クルミ+砂糖など好みのパウダーをつけて焼き上げます。(およその生地材料:小麦粉250g、牛乳120cc、卵1個、バター10g、イースト7g、砂糖15g、塩少々)

クルトゥシュカラーチ
が、実際やってみるとサラダ油で生地が滑って立てては焼けないことが判明!!最後まで巻いてはダメだった模様…。仕方ないのでオーブンシートに寝かせて焼きましたが、なかなか上手くできました。

クルトゥシュカラーチ
残りはコルネ?用の器具でミニクルトゥシュに。これはこれで手軽で良いです。だんだんクルトゥシュ職人になってきた(*ノェノ)

おまけ:
沖縄でクルトシュのお店の前まで行ったんですが、看板に「チェコの伝統菓子」とあると説明すると「クルトシュはハンガリーのもんだ!」と旦那の逆鱗に触れたため入店せず帰りました(。-_-。)

というわけで、クルトシュ、発祥地問題が時に発生するおやつです。スロバキア、ルーマニアはたまたドイツまで加わるので大変です。ぶっちゃけパン生地を炭火で焼いた単純なおやつなので同時発祥もありうるんじゃね?とか外国人の私は思いますが、真相はいかに・・・(-∀-)


関連記事

料理/お菓子作り | コメント(2) | トラックバック(0)

情熱ある人生を…

2016/10/05 Wed 03:33

なんとも10月です(´・Д・)」

はて。最近こっちでTV5という新たなテレビチャンネルができて、いわゆるNHK教育みたいな内容のことをやってまして。ま、NHKの語学番組の質とは到底比べられませんが、語学も英語・仏語・ドイツ語・スペイン語・ロシア語の会話を勉強する5分番組なんかをやってます。(スペイン語やろうかと思ったけど2日目くらいで既に挫折…。私はテキストが欲しい派です(-∀-))

で、そのチャンネルで『日本でハンガリー舞踊を踊る人たち』を特集する番組があったんですよ。名前忘れてしまったけど、きっとその業界では有名なハンガリーの舞踊家さんが日本に招かれて1976年以来ずっと日本に毎年教えに行っているという。共産時代からこれまで毎年日本にですよ!時には年に3回とかって。その方は高齢になられたので最近では息子さんが代わりに行かれてるようなんですが、何よりもハンガリー舞踊を踊る日本人がそんなにいるんだってことに驚きました。

東京と京都にサークルというのか団体があるようなんですが、長い方はもう何十年も踊っておられて先生のお墨付きを貰うまでになられているようです。遠く離れた日本の人がハンガリー語を喋って、歌を覚えて、踊ってる姿に義母なんかは特に感激してましたね。

で、まぁ皆さんすごく楽しそうなんですよ。踊りだけじゃなくて一生懸命歌を覚えたり、時には歴史なんかも先生に習ったり。最後に『歌や踊る楽しさを教えてくれてありがとう』とすごい笑顔で話されてる女性がいたんですが、彼女がすごく印象に残りました。そこまでの情熱を注げるものがあることが単純に羨ましいな、と。色んなことに興味はあるけどそこまでの情熱はないからな~、私(=∀=)。

などと久々に色々考えさせられまして。

きっとこういう情熱だとか何かを好きだという気持ちはすごく大事で、それがあったら他の嫌なことって見えなくなるというか薄まると思うんですよ。プラス部分にフォーカスできるから。しかも、そういう人を見てる周りも楽しくなるだろうし。。だから、そういうものを一つでも多く持てる余生にしたいかな、などと思った秋の夜長です(゚∀゚)

芸術の秋ですし何か始めてみますかね。(*゚ェ゚*)



ハンガリーの民族舞踊はこんな踊りです。

関連記事

日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |