この街やったら猫ちゃんが多かったので、今回は猫ファンの皆さまに写真特集をお送りいたします。

ドブロブニクの猫
ホテルでも5匹くらい常住。綺麗に手入れされた感じなので飼われてるのかも。

ドブロブニクの猫
ディナーのおこぼれをもらってます。可愛がられている様子。喉渇いたらたまにプールの水飲んでた。

ドブロブニクの猫

ドブロブニクの猫

ドブロブニクの猫

ドブロブニクの猫
街中にもちらほら。

ドブロブニクの猫
ちゃんとゴハンもらってる。

まぁとにかくここの猫たちは皆のんびり穏やかで人懐っこい。撫でてあげたらそのままなされるがままだし。世界遺産の街で猫として生きるのも悪くないなー、なんて

ドブロブニクの猫
極楽だにゃん。

http://www4.nhk.or.jp/nekoaruki/
ところで、NHK BSで世界の猫を特集する番組があるんですねぇ。

関連記事

クロアチア 2015/2017 | コメント(4) | トラックバック(0)

ドブロブニク旧市街2

2015/07/23 Thu 20:51

次の日も懲りずに昼間に旧市街へ。

ドブロブニク
ドブロブニクの旧市街は城壁に囲まれていて、その城壁を登って一周することも出来ます。が、暑い中歩きたくなかったので、ケーブルカーでスルジ山に登って景色を楽しむことに。

ドブロブニク
スルジ山の十字架

ドブロブニク

ドブロブニク

ドブロブニク
よく見かけるドブロブニク旧市街の写真ってここから撮ってるのかと思って期待して一眼レフ持って行ってみたけど違いそう。近くの島から撮ってるのかなぁ。

ドブロブニク
もう痛い目にあうのは嫌なのでこの日は帰りもケーブルカーで下りてきました

ドブロブニク

ドブロブニク

ドブロブニク
旧港

ここから船で近くの島へ行く人も。何でも島にはヌーディストビーチがあるんだとか。

でもそういうビーチじゃなくても 結構上半身裸で焼かれている女性いらっしゃいますよね。ビーチスタッフの男性とかと普通に喋ってて『えぇ?』って目が点になるんですが。。感覚の違 い・・・なんですかねぇ

で、この日もまた2、3時間で限界が来たのでそそくさホテルに戻って水に浸かることに。ってかそんなんでドブロブニクに来た意味が……あったのか?

ドブロブニク、死ぬ前に絶対行っておきたい場所ランキングに入ってたりしますがー。うーん、涼しい時期以外は来世でも良い気がしなくもなくもないです

関連記事

クロアチア 2015/2017 | コメント(0) | トラックバック(0)

ドブロブニク旧市街1

2015/07/21 Tue 23:01

で、頑張って昼間にドブロブニク旧市街に出かけましたが、いやいやもぅ殺人的な暑さ。暑いともう世界遺産だろうが何だろうがどうでもよくなっちゃうから困る・・・。

とりあえず有名どころを巡ります。


参考にしたのは、るるぶのKindle版。電子版旅行本はホントありがたいですなぁ。

ドブロブニクピレ門
メインの入口ピレ門。我ながらもうちょっとましな写真が撮れなかったものか・・・と思うけどなんせ暑いんでね。。

フランシスコ修道院

フランシスコ修道院
旧市街に入ってすぐの修道院。ここにはクロアチアで一番古い薬局があり、今でも営業されてます。

フランシスコ修道院
博物館部分は写真撮影禁止なので入口のみ。

フランシスコ修道院薬局
古い薬局の写真。

薬局では定番土産というローズウォーターとリップバームを買いました。あ、あとスロベニアの下山で肩が火傷状態だったので、皮膚炎症用のジェルも買った。ハーブ系のコスメだけって訳でもなく、普通に薬局として機能してるみたいです。

ドブロブニク
メインストリートのプラツァ通り、のはず。この辺り記憶喪失気味・・。

ドブロブニク
ルジャ広場あたり、のはず。

ドブロブニク
オノフリオの小噴水。

ドブロブニク
この街も小道がステキ。

にしても暑い中階段登ったり下りたりがキツい。下山で筋肉痛になってる状態だったので余計に・・。

途中日本人のおばさま2人が『えー、まだあるのぉー』と言いながら歩いてたのでしばらく一緒に地図を見ながらあーだこーだ歓談。この時期の観光はホント体力勝負な気が…。

ドブロブニク市場
青空市場もあります。

ドブロブニクの市場

ドブロブニク市場
フルーツが美味しそうでした。お土産にオレンジピール購入。

ドブロブニク大聖堂

ドブロブニク大聖堂
大聖堂

観光客が多いからか、夏は日曜日に英語でもミサがあります。ただ、神父様がシクハクしながらなさっていて、途中、読み上げるページを探してたりしたので見てる方がドキドキしました

ドブロブニク
まぁとにかく暑いのでー。夏場の観光は2,3時間が限界

次の日へつづくー。

関連記事

クロアチア 2015/2017 | コメント(0) | トラックバック(0)
スロベニアを後にし、次はクロアチアのドブロブニクに移動です。ここ数年行きたいと思いつつなかなか辿り着かなかった場所ですが、やっと今回辿り着きました。

スロベニアのリュブリャナを出発して結局8時間くらいだったかな。長かったー、って私は助手席に座ってるだけですがね。。横で応援してた

高速でザグレブ方面に出つつ、一回高速を下りてスロベニアの田舎道を通ってまた高速に入り、とまぁほぼ高速でした。130㎞の速度制限だけど、地元の方&ドイツ車は皆さん気にされずにがんがん飛ばしてましたね。


ところで、ドブロブニクには途中ボスニアヘルツェゴビナを通過しないといけませんで。なので、一応入国審査がございます。ボスニアヘルツェゴビナとしては港を死守したかったんでしょうが、クロアチアの人は自分の国の他の都市に移動するのにもパスポートがいるってのも不思議ですよねぇ。もしかしたらIDカードだけでいいのかも。いずれにしても面倒だ。

で、世界中から観光客が押し寄せるというドブロブニク。ホテルの予約の時点でここはもはやクロアチアではないっていう価格だったらしいです

ドブロヴニク
うちらの宿泊先ホテルは、部屋の造りは古かったけどプールなどの施設はなかなか充実してました。

ドブロヴニク
で、毎日30度超えだったので、皆さん朝から水辺で日焼けを楽しまれてましたね。ホントなんだってこんな猛暑で市街巡りする必要あるんだか…っていう暑さなんでねぇ、大人しく水に浸かっているのが正解。でもだったらわざわざドブロブニクに滞在する必要もないな、観光だけならオフシーズンの方がいいかもとも思ったり。
ドゥブロヴニク

ドブロヴニク

ドブロヴニク
日の入り頃。

この時期のクロアチアはこの位の時間から活動したがいいんだよね…と思いつつ、昼間の旧市街へ頑張って行ってみたらー。

長いので続きます・・


関連記事

クロアチア 2015/2017 | コメント(0) | トラックバック(0)
いやはや、現実に戻ってきてしまいました。。

夏休み、今年もスロベニアとクロアチアに行ってきました。↓張り切って一眼レフで撮った画像を大きく載せようとした結果デザインが崩れてしまってますが、しばし旅行記お付き合いくださいませ。

まずはスロベニアのリュブリャナに2泊し、今回はブレッド湖から20キロくらい離れたボーヒン湖という湖に行ってみましたよ。
スロベニアのボヒン湖

ボーヒン湖
ブレッド湖ほど有名ではないけど、何気にブレッド湖より大きいらしいです。

スロベニアのボーヒン湖

スロベニアのボーヒン湖
暑かったので、焼いてたり泳いでる人もちらほら。そんなに混んでないし、地元の人はこっちに来るのかも。

bohin6.jpg
水が澄んでいてお魚も見えたよ。

フォーゲルスキー場
何やらこの湖が綺麗に見えるらしいということで、近くのフォーゲルスキー場にケーブルカーで登ると

ボーヒン湖
おー、確かに綺麗。1500m位のとこからの眺めでございます。

ちなみに、ケーブルカーは断崖絶壁を上がっていくので、ちと怖かったです。

フォーゲルスキー場

ボーゲルスキー場
ここも冬はスキー客で埋まるんでしょうねぇ。

フォーゲルスキー場

ヴォ―ゲルスキー場
あまりに様になっていたので、お願いして写真撮らしてもらいました。牧羊犬なのかな。

フォーゲルスキー場
この山で咲いてる野花たちのようです。

でねー、往復チケットあるのに何を血迷ったのか旦那が帰りは歩いて降りようなんて言い出したため、歩くはめに。難易度は中級で2時間くらいと書いてあったし、下りだからまぁ軽いハイキング気分で、と歩き始めたら…それはー地獄の始まりでした。。

フォーゲルスキー場
途中牛さんなんかもいて長閑だなぁなんて余裕こいてたら…。

フォーゲルスキー場

フォーゲルスキー場
ハイキングってか、下山でしたよね。急斜面なので蛇行しないと下りれないし、砂利道なので何度も滑る。。

他の人たちも結構疲れてて、お互い追い越したり追い越されたりしつつ下るも全然ゴールが見えないんですけどー。

フォーゲルスキー場
こんな道降り続けてたらつま先が痛くなってきた。。


1.5リットルあったお水も飲み干してしまって、飲み物ゼロの状態でまだ歩き続けないといけなかった日にはもうホント何かの苦行かと。。

『これが最後の難関部分だよ、きっと』という虚しい励ましを何度も聞いてるうちにもう何も期待すまいと無の境地に至り。。

痺れを切らして、助けを求めるように、『後どの位ですか?』と他の人に尋ねるとあと10分くらいだと。責任を感じた旦那は先にお店に水を買いにそっから猛烈な頑張りを見せてました

普段炭酸水しか飲まないので炭酸なしがあんまり好きじゃないんですがー。普通の水があんなに美味しいと感じるとはねー

で、日焼け止めも塗らず結局3時間かけて下山した結果、肩が火傷状態に。こんな皮が剥けたのは人生で初めてかも。。

バカンスに来たはずが何かの修行に来たみたいになったけど、まぁこういう体験は忘れないかな。

でーもー。夏場のフォーゲルスキー場は帰りもロープウェイをおススメいたします

関連記事

スロベニア | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |