昨年秋に始めた運転教習がや~っと無事終了。晴れて普通免許取得者になれました。長かったー、辛かったー。

この教習については本一冊書けるんじゃないかってくらい色々ありました。普通は30時間位の教習で実技試験を受けるところ、私はな~んと70時間も教習。女性教官との相性が最悪で、精神的にホント限界でしたね。毎回胃は痛くなるし眠れないしで何度やめようと思ったことか・・・。元々旦那のたっての希望で始めたことだったので、責任を感じた彼も教習に同席したりと巻き込まれてたな・・・はは

ただ、いずれの試験でも外国人でよかったな・・・と思うことが多々あり。異国で頑張ってるし大目に見てやろうって感じで助けられました。ま、誰も興味ないだろうけど、いつか奮闘記まとめてどっかのサイトに上げておこうかな。

ハンガリーの教習はイギリスなどと違い正式な教官以外は教えられないので、その点日本と同じ。ただ、仮免という制度がないので、路上で各自練習ってことができないんですよね。見つかれば私自身が3年間免許を取れないし、教える人も罰金か免停か何かになるらしいです。

そういう訳で~、私が使ってたのがCity car driving(http://citycardriving.com)というPCゲーム。ロシアの人たちが開発した運転ゲームで、世界的に結構な数の人が遊んでるらしいです。

ハンドル
誕生日に買ってもらったハンドルセットで遊んで練習してました。クラッチまであってなかなか本格的です。(大きいPCでゲームして隣のノートPCで仕事してるって一体・・・。)

ゲーム内では車種や右側・左側通行や路上の混み具合なんかも選べて、本当に街中(しかもロシア内っぽい)を運転している感じ。教習場のコースなんかもあるし、シュミレーションにはもってこいなゲームです。ただ、実際の運転よりこのゲームの方がよっぽど難しいけどね。


Youtubeに動画載せている方がいるので詳細はこちらで。彼は中学か高校生のようですが、このゲームに慣れたらきっと免許取るの簡単だろうなぁ。あぁ羨ましい。

Logitech G27 Racing Wheel 並行輸入品Logitech G27 Racing Wheel 並行輸入品
()


商品詳細を見る

↑ハンドルはamazonでも買えるよ。

*春休みに入りますため、しばらくブログお休みいたしま-す

関連記事

日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)

流し台の下の棚

2015/02/16 Mon 21:04

を作りました。

シンクの下って妙に高さがあるので、



こういう伸縮できる棚なんて便利なものが簡単に手に入るといいんですがねぇ。

ま、こういう便利グッズとかはホントないです。

たな
仕方ないのでホームセンターOBIにて木材を買い、

たな
適当に組み立ててペンキ塗りました。残念ながら、非常に耐久性に乏しい構造になっております

費用は、木材とねじ代で3,000円くらい(ペンキと私の人件費は含まず^^)。同じものが2個作れる位です。DIY用の商品も日本の方が可愛くて安いのがいっぱいあるので、持って来たほうが良いな。

DIYで作るナチュラル&レトロな家具 (私のカントリー別冊)DIYで作るナチュラル&レトロな家具 (私のカントリー別冊)
(2010/07/30)
不明

商品詳細を見る

参考にしたのはこの本。といっても私には本格的すぎるので実際あんまり参考になんないんだけどね・・・。

Seriaで作るナチュラル部屋 (Gakken Mook)Seriaで作るナチュラル部屋 (Gakken Mook)
(2014/03/10)
ゲットナビ編集部

商品詳細を見る

ちなみに、Kindle版があったので、これ買ってみました。100円ショップSeriaには、私の好きなナチュラルインテリアのグッズがいっぱいあるらしいです。行ったら大人買いしたい

関連記事

雑貨・手作り・DIY | コメント(4) | トラックバック(0)

ペーチの図書館

2015/02/07 Sat 22:47

ときどき用事でペーチに行くのですが、

ペーチの図書館
この国には似つかわしくない大変綺麗な図書館がございまして。

私は地元の古いちっぽけな図書館しか知らないのですが、多分このペーチの大学図書館はハンガリーで一番立派な図書館の部類なんじゃないかと思います。

ペーチの図書館
2010年にペーチが文化都市か何かだった際に建築された模様です。

ペーチの図書館
1F部分。

ハンガリー国内に住所があればビジターでも1日券を発行してもらえて図書館部分に入れます(クロークに預けたりとセキュリティがなかなか厳しく面倒ですが)。

蔵書の数もそうですが、研究センターみたいなのを兼ねているからか机やPCなど勉強環境がかなり整ってます。結構外国人の学生さんを見かけたけど、これは学生には嬉しい環境かな、と。しかも地下1Fにはレストランというか食堂もあって、さらに便利。

こういう図書館が近くにあったらなぁ・・・。

関連記事

ペーチ等南部 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME |