車の運転inハンガリー

2014/09/30 Tue 21:10

先月から車の免許取得のため教習所に通い始め、最近運転の実技演習に入りました。学科は想定問題集を解きまくった(=問題と解答を覚えまくった)お陰でほぼ満点で通過できたんですが・・・、実技が思った以上に大変です。早くも暗礁に乗り上げまくってます

私の場合日本でも免許がなかったので、本当にゼロから。クラッチとか車の仕組みがイマイチよくわかんないし、未だハンドルの感覚がつかめないから混乱の極みに。。。しかもハンガリー語だからなー。危険だしこういうのはやっぱ母国語で学ぶのがいいのかも(ただたとえ怒鳴られても話半分というかストレートに入ってこないので楽ってのはあるかも)。

ここでは、最初のうちは車のほとんど通っていない工場地区みたいなところで延々ぐるぐる練習してます。車はほとんど通らないけど、たまに猫やら犬がひょっこり出てくるので、それはそれで怖いです・・・

日本やアメリカはオートマ車が9割くらいらしいですが、ヨーロッパは逆で市場に回ってるのはほぼマニュアル車でして(『オートマ専用の免許があるんだよ』って話をしたら皆に驚かれます)。

私個人的には是非オートマ車を運転したいんですけれどもねぇ・・・。だってマニュアルって・・・忙しすぎません?

最近は旦那の運転時に動作を説明してもらってるんですが、『はい、今ギアを2に入れたー。はい今3-』とか延々言ってて・・・そ、そんなに変えなきゃいけないの?と。休む暇ないじゃん。

そのうち無意識にできるようになるらしいですけども・・・本当かなー。私にそんな日が来るんだろうか、と甚だ疑問。

Googleが開発してるとかいう無人運転自動車をはよ完成させてほしいですきっとそのうち『昔は人間が運転してたのよね~。懐かしい。』なんて言ってる日が来るんじゃないかね

そうそう、学科担当した先生は前に日本人の方に実技を教えたことがあるそうで。

その方の場合は日本の免許を書き換えるために実技を練習したらしいんですが(今は試験なしで書き換えできます)、日本の運転に慣れていたため、ウィンカー出さないといけない時よく窓を拭いていたらしいです(左右逆についてるので)


関連記事

かなりどうでもいいこと | コメント(8) | トラックバック(0)

チビ梨

2014/09/25 Thu 20:27

ここハンガリーにも日本の梨が売ってまして、名前も『nasi』です。

ちびなし
叔母さんが市場かどっかで見つけて、食べたことないから買ってみたらしいのですが、小リンゴのように小さい。

ちびなし
6cm前後です。

今まで梨を気にかけたことなかったけど、ここではこの大きさが普通らしいです。ほんとー?

まぁ味は普通に日本の梨だったけど・・・あまり食べ甲斐のない梨でした。

ちなみにここでは他の果物と同様に皮を剥かず食べます。皮を剥く果物ってバナナくらいじゃないか?っていうくらいホント剥かないです


関連記事

ハンガリーの食べ物 | コメント(0) | トラックバック(0)
先日テレビでやっていて、途中から見始めたら止められなくなった映画です。

これねー、見た方がいいと思う。ただ、しばらくマックとか行きたくなくなるかも・・・。

一言で言うと、ハンバーガーチェーンのお肉(パテ?)を通して見えてくる不法労働とか格差とか色んな社会問題に焦点を当てた映画です。

なもんで、後味はすごく悪いです。呆然とするんだけども・・・、でもこれが現実なんですよね。。。

大量に格安に材料を仕入れるためにはそれだけ誰かに負担がかかっていて、その多くは貧困層の国の人たちだったりする訳で。

これはアメリカの話でしたが、同じようなことはヨーロッパでも起きておりまして。

少し前のテレビでドイツに出稼ぎに出かけていたハンガリー人のことをやっていたんですが、映画同様に食肉工場で仕事していてあまりの悪環境で手が凍傷になって結局母国に戻り障害認定を受けることになった・・・という話を見てたので、状況は全く同じなんだろうな、と。

自分が買っている物や食べている物、受けているサービスの裏側に児童労働だったり実は色んな問題があるんだろうなと思います。日本ではデフレに慣れて安くて質もいいものを当たり前に受けてたけど、その裏側のこういう問題に気付いてなかったなぁと最近になって反省。。

ファーストフード・ネイション デラックス版 [DVD]ファーストフード・ネイション デラックス版 [DVD]
(2008/09/05)
グレッグ・キニア、イーサン・ホーク 他

商品詳細を見る

何気にアヴリル・ラディーンとか出てました・・・。

ファストフードが世界を食いつくすファストフードが世界を食いつくす
(2001/08/09)
エリック シュローサー

商品詳細を見る

原作本はこちら。

資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)
(2014/03/14)
水野 和夫

商品詳細を見る

資本主義関連で・・・最近Kindleで買ったこの本も面白いです。先進国だけ富を得続ける時代もじき終わるんでしょうね。

関連記事

TV・映画・本 | コメント(0) | トラックバック(0)
水菜、チンゲン菜ときて・・・待ちに待った夷かぼちゃの収穫時期になりました。

というわけで~、収穫できたのはこちら。

えびすかぼちゃ
じゃじゃん。な~んと、たった2ケのみ。


へへ、収穫祭とか書いてみたけど、2ちょしかできませんでした

あの庭を覆う勢いのあった、伸ばしに伸ばしたつると葉っぱは何だったんだ・・・。そっちに栄養がいっちゃって、10個前後あった実もいつの間にか枯れ果てておられました。

2個の種を植えて、結局1個ずつ実が実ったという結果です。お花はいっぱい咲いてたけどねー。

えびすかぼちゃ
中身はこんな感じ。なかなかのエビス感あります。

えびすかぼちゃ
小さいやつはスープに、大きいのはコロッケにしました。

ただですね、見た目はエビスなんですが~。やっぱりホクホク感がなく、ここの南瓜と同じで水分が多い気が・・・。なもんで、コロッケ作るのも大変でした・・・。

多分水分量多いんじゃないかな~、と思うけど如何せん2ちょしかなくてよく検証できず。。同じ種でも水と土と天気と変わっちゃうと変わるもんなんですかね・・・それか突然変異を遂げたか。。。

ん~この南瓜だったら他の野菜に迷惑かけつつ育てるほどでもないかなぁ。。。来年はちょっと考えるな

関連記事

季節ネタ(秋・冬) | コメント(0) | トラックバック(0)

ヘレンド

2014/09/17 Wed 18:39

昨年始めたWEB雑貨店かもめ屋、今年は他が忙しいこともありかなりの勢いで放置気味ではあるものの細々but鋭意営業中です。そして、お客さまも細々々々とではありますがご訪問頂いております。

でですねー、皆さんハンガリーのことに本当に詳しくて『あれ、ハンガリーってそんなに有名な国なの?』と錯覚に陥りそうなくらいでございます。

今回お買物して頂いた方も、もうずいぶん前から何回もハンガリーに訪問され、ヘレンドをこよなく愛し、四国で『ヘレンド』という名のカフェをなさっている方でした。以前は知られることもなかった東欧雑貨ですが、その頃から既に刺繍など民芸品に魅せられていたという方です。かなりの先見の明がおありだったんですな。

お店は香川の高松にあり、手作りシフォンケーキとヘレンドの食器でコーヒー・紅茶を頂けるとのこと。そして、長年世界各地で集めてこられた刺繍入りブラウスで給仕されているそうです。これはすご~く贅沢で素敵なお茶の時間を楽しめそうですよ。お近くに行かれた際は是非。HP:http://cafe-herend.jp/

ヘレンド工場
以前訪れたヘレンド工場にて。一つ一つ手作業でござるよ。

お買物して下さる皆さんのハンガリーやハンガリー製品に対するポジティブな思いを知るたび、在住者としても嬉しいです。(住んでみると嫌な面も一つ二つ三つ四つ・・・見えてきますが、まぁそれは知らぬが仏かな


関連記事

東欧雑貨かもめ屋情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »