韓国ドラマ・パスタ

2014/05/31 Sat 09:00

こっちでも韓国ドラマちょくちょくやってまして、たまに見ています。これまで歴史ものが多かった気がするけど、今回は現代ドラマ。既にここでも再放送っぽい。

パスタ ~恋が出来るまで~ DVD-BOX1パスタ ~恋が出来るまで~ DVD-BOX1
(2010/12/22)
コン・ヒョジン、イ・ソンギュン 他

商品詳細を見る


でねー、これは個人的に久々のヒットです。元々お義母さんが見始めてハマり、私に勧めてきて私も見事にハマる。韓国でも人気作品だったようで元々の回数を増やしたとかって・・・。日本では地上波でももう放映済みなのかな。先が気になってTBS韓国ドラマHPであらすじ全部読んでしまった・・・。

平日毎日やっているので、週末になると早く月曜にならないかなーと待ち遠しいです。。気に入り過ぎてサントラCD購入したくらい。。。

主人公の女の子がけなげで可愛いんですよねー。あと、欧米の女性はしないなーこういう仕草っていうのが多々あって、そういうのも面白いです。口に手を当ててはにかむ仕草とか線の細いアジア人女性だから似合うんだなーって気がします。

みんなオシャレだし、イケメンいっぱい出てくるので目の保養にも見てると異様にパスタが食べたくなってくるのが困りもの・・・ですが、見てない方にはと~ってもおススメです。

関連記事

TV・映画・本 | コメント(0) | トラックバック(0)

Bodzaを摘みに

2014/05/28 Wed 23:50

先日、お義母さんと叔母さんと3人で朝テレビ見てたらBodza(ニワトコ)と苺のジャムを作っていて、『これ作ってみたいね』ってことになり、急きょBodza摘みに行ってみました。といっても歩いて5分のとこです。

ニワトコ
叔母さん行きつけの藪?らしきところへ。kullancs(マダニ)がいそう。。。

ニワトコ
お花はじゃぶじゃぶ洗えないため、アブラムシなどがついていない綺麗なもののみ摘みます。

ニワトコ
ただし、綺麗なお花は上の方にあって、なかなか届きません。。高枝切り鋏がいるな。。

ニワトコ
今回はこんだけ。シロップ作りの1回分くらいかな。

川
川
どうせなので周辺を散歩してみようということで川べりへ。鴨がチョロチョロしてて、水着姿で焼いてる人もいました・・・

ポプラ
これが今の時期綿毛をガンガン飛ばしてくれているポプラの木。地面が真っ白です。。

花
花あそび
お義母さん姉妹は童心に返ってピパッチとかいう花のつぼみを使って踊り子なるものを作ってました。そして放置

ニワトコシロップ
シロップは、砂糖水・レモン・クエン酸の入った液に花を1週間ほど漬けて作ります。

イチゴジャム
ペットボトルに入れて完了。炭酸水と割って飲むと美味しいです。

ニワトコシロップ
イチゴジャム
ジャムはBodzaが少なすぎて味がわからず。普通のイチゴジャム。。。ま、いいか。

関連記事

ハンガリーの食べ物 | コメント(2) | トラックバック(0)

いちごのソース

2014/05/18 Sun 22:35

先週はサイクロン-イヴォンヌだかイヴェットだかが襲ってきたため、すごい嵐でした。ボスニアではかなりの積雪だったりしたようですし、セルビアでは洪水になったみたいです。恐ろしサイクロン。うちの庭もお花がハチャメチャになってた・・・。

そんな安定しない天気ではありますが、この季節は新じゃが・新キャベツ・新たまねぎ・アスパラなどの春野菜が美味しいんですよねぇ。どの野菜も甘みがあって美味しいです

いちご
露地ものイチゴも出てきていて、この時期は大量に購入して冷凍保存用にします。多少形悪くてもつぶれてても良いので、綺麗に洗っていちごの量の10%-20%(20%だと甘い!って感じです)のお砂糖とレモン汁を少々絞ってミキサーで撹拌して容器に入れて終わり。

いちご
でもこれが万能ソースでして。そのままシャーベットにもなるし、ヨーグルトにかけたりチョコタルトなんかにホイップクリームと一緒に添えたりもできます。牛乳や炭酸水で割って飲むのも美味しい。

カチンコチンに固まるので、大きい容器に入れるときは時間を見てかき混ぜながら冷凍した方が楽かな。小さい容器に入れておけば1回の使用分そのまま解凍できます。ちなみに、うちはどれもアイスやマスカルポーネの空き容器を使用

いちご
ミントみたいな緑なんかを飾るといいのかもしらん。よかったらお試しをー。

おまけ:
グーグルルービック
今日はグーグルの画面がルービックキューブになってて可愛いよ。こちらハンガリーの発明品でして、国の誇りでございます


関連記事

料理/お菓子作り | コメント(0) | トラックバック(0)

ユーロビジョン2014

2014/05/12 Mon 23:14

またまたこの季節がやってまいりました。何となく私の中で春の風物詩になっております。

前回はデンマークの可愛い子が優勝したため、今年はコペンハーゲン開催。

ハンガリー国内では2月頃数週間にわたって出場者を決めていましたが、3度目の正直でKállay-Saunders Andrásが国を代表して出場。ちなみにこの人もパタイ・アンナちゃんと同じように歌番組で結構いいとこまで残った方です。米国人のお父さんが歌手でハンガリー人のお母さんがモデルだったとか。

でねー、今回のユーロビジョンは予選から家族内で物議を醸したんですよねー。というのも…。


優勝者がこちらのオーストリア代表Conchita Wurst。髭を生やした女性。に、見えるけど、実は男性。綺麗だし、しぐさなんかも女性っぽいんですがね…。

熱心なクリスチャンな家族には全くもって受け入れられない事態なので、『ヨーロッパの恥』とか言ってました。お義母さんに至ってはどの国が満点を入れていたかメモッてたし…。オランダとか北欧のリベラル国が軒並み入れてたみたいです。

以前にもイスラエル代表の歌手が男性から女性に性転換して出たことがあったらしいけど、今回はちょっと行き過ぎな感じもするかな。この人が普通の格好で歌ってたら多分優勝してないよね…。ちなみに、優勝のインタビュー時に拳上げて叫んでたのが男らしかった。私は最近その真似ばっかしてます

でーはー、ここから私の独断と偏見で気に入ったものを紹介。


個人的に一番好きだったのは、2位になったオランダのThe Common Linnets。このカントリーな感じはユーロビジョンでは異色で、目立つのと肩の力が抜けて良かった。ロードムービーとかに合いそうです。


あと、お隣ルーマニアの2人Paula Seling & OVI。聴いたことある感たっぷりではあるけど、シンプルでよかったけどなー。結構すごいキャリアの方々みたいですが、得点は伸びず…。


それから、土曜の決勝には出れなかったポルトガル。サンマリノのあの変な歌より絶対良かったのに予選落ちは意味不明です。

やっぱねー、歌は母国語で歌った方がいい気がするんだよねー。まぁ何の歌なのかさっぱりわかんないっていうのはあっても、本人のノリとか感情的な部分が違う気がする。ってテキトーだけど。


で、肝心のハンガリーは、な~んと5位となりました。これまでで2番目に良い成績らしいです。悲しい内容ではありますが、『running♪running♪』とはじまると一日頭の中その歌詞が走ってる…というクセになる曲。

おまけ:

ポーランドはお色気作戦に出ました。

ほんと毎年話題に事欠かないね。

関連記事

TV・映画・本 | コメント(0) | トラックバック(0)

笑いのチカラ

2014/05/07 Wed 20:20

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか。

ちょうどこちらも4連休だったんですが、ま、特別どこ行くわけでもなくー。近所を散歩するくらいでした^^

でも今緑が青々としてて川べりのお散歩は気持ちいいです。散歩でじゃんじゃん走りまわってる犬を見てると、彼らもきっと同じ思いなんだろうな…ってなことを思います。

はて。今年に入って読んだ本で笑い転げた本をいくつかご紹介。

なるべく物事の良い面にフォーカスして生きていきたいと思っているものの、私もプールの底に沈むほど気分が落ち込むことあります。だってねー、なんたって店に行けばちょっとケーキ頼むのに迷ってただけで溜息つかれちゃったりする国に住んでますからねー。『え?わたし客ですけど?』っていう場面がデジャブかってくらいありますんでね…。

で、そんな時は気分が上がりそうな本や漫画をamazonで選んで購入。やっぱねー、Kindle便利。これから出版する本はもれなく全て電子書籍にしてほしいよ…。

独身OLのすべて(1) (KCデラックス)独身OLのすべて(1) (KCデラックス)
(2014/03/20)
まずりん

商品詳細を見る


↑あまりに爆笑しすぎて旦那に気味悪がられたくらいの漫画。ツッコミ鋭すぎ。でも独身長かった私にはすげーわかるわーって内容でした。ちなみに、まずりんさんの漫画はネットでも読めるけど今ちょっと移行してるっぽいです…。

悩みのるつぼ〜朝日新聞社の人生相談より〜悩みのるつぼ〜朝日新聞社の人生相談より〜
(2014/01/15)
岡田斗司夫 FREEex

商品詳細を見る


こちらも面白い。爆笑する場面もあるし、かつ内容が深いです。

全国の悩みを抱えた老若男女からの様々な質問に毎回『え、そういう回答するんだ~』っていう絶妙な回答を導いているんですよ。でもその裏には、長い時間、その質問と質問者とはたまた自身と向き合ってやっと制限字数内に収まるように回答するという、とてつもない作業が行われてるようです。

なんだろう悟りを開いて『わたしは全ての事象を受け入れます』的な境地に至ればそれはそれで人生楽なんだと思うんだけど、でも笑いって俗世の煩悩まみれの中から生まれてくる気がするし、そういうのも必要なんじゃないかねとか思います。

そういうわけで、私は今世で悟りを開くことをやめることにしたよ


関連記事

かなりどうでもいいこと | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |