マージン・コール

2014/04/30 Wed 22:29

もう5月ですかー。今年の記憶がほとんどないのはどういうことなんだ…。

早く夏休みにならないかな。。

そんなわけで、たまの息抜きには夫婦だらだら映画見るのが唯一の楽しみになっている今日この頃。ハンガリーは結構早めに地上波で色んな映画を放送してくれるのでありがたいです。字幕だともっといいんだけど、ハンガリーの吹き替え声優さんたちはかなり腕がよいので(世界一らしい。byハンガリー人)たぶん今後も字幕にならないんだろうなぁ。

マージン・コール [DVD]マージン・コール [DVD]
(2012/02/03)
ケヴィン・スペイシー、ポール・ベタニー 他

商品詳細を見る

で、今回はおススメ映画をご紹介。夫婦ともに気に入ってる作品で2,3回見てるかも。あのMentalistのサイモン・ベイカーが出てるんですが、これまた全く違う役(すごーい冷徹な金融マン)を演じてます。ホント感じ悪いんだけど、上手い。

いわゆるリーマンショックが何を発端に始まって裏では何が行われていたのか、というお話。金融関係のいろんな仕組みとか出てきて何度説明されても私にはその辺さっぱりわかんないんだけど、それ差引いても面白いです。ケビン・スペイシーとかデミー・ムーアなど豪華キャストだし。(デミー・ムーアがNYの街を見下ろすシーンが何とも言えず、いい。やっぱさすが存在感あります。)

簡単にネタバレすると、ある日突然証券会社を解雇された人が後輩に残した資料により、残された人たちは会社が扱ってる金融商品がヤバいってことに気付く。で、それを知った会社側がどう決断するかまでの1,2日の間のお話。その中で保身だったり探り合いだったりと人間模様が色々描かれてます。

でもってねぇ結構考えさせられます、この映画。お金って幸せって何だろうね、とか。職業倫理感とかないんかな、とか。

万人受けではないけど、社会派映画好きな人にはハマるんじゃないかなー。

関連記事

TV・映画・本 | コメント(0) | トラックバック(0)

エゲル周辺のレストラン

2014/04/22 Tue 23:55

ねこのシールはもうわかったよ、との指摘が家族から入りましたため鋭意更新です。

先日行ったエゲル周辺ですが、まぁまぁ食事に恵まれました。

エゲル周辺レストラン
いつの日か旦那にもらったハンガリーのレストランガイド本で下調べして行ったエゲルのお店がこちら。 
結構人も入ってたので人気なのかな、どうなのかな。
HP:Zsálya Bisztró

エゲル周辺レストラン
鶏肉フライにマッシュポテト。でもこんな食べきれませんがな。

エゲル周辺レストラン
たぶん豚肉焼いたやつ。付け合わせのポテトにセージの味が効いていたらしく草系ダメな人には不満な一品だった模様。まぁ店名(Zsálya=セージ)に入ってるくらいだからね、使うよね。

私的には雰囲気も別に悪くないし美味しんじゃん?って感じでした。ただ量がねー。ハンガリーのレストランは大抵量が多いので、『あぁもう苦しい。助けて。』とか思いながらレストランを後にするんですが、それってどうなんだろね…。でも国民はそれに慣れてるから仕方ないのかな。

エゲルサロークのレストランはその点味も量もとても良かったです。暗くて写真撮れなかったんですが、店内アフリカンな雰囲気で素敵でした。何といってもサービスが良かったからなー。珍しく。

良いサービスの場合はたいていチップも弾むんだけど、あんまっていうかほとんど理解してないんですよね、この国のサービス業の人。良いサービスをすれば自分に返ってくるって至極シンプルな原理を…

HP:Shiraz Restaurant
Shiraz Hotelに入ってるレストランです。ダンスショーとかもやってるらしい。

関連記事

エゲル等北部 | コメント(0) | トラックバック(0)

猫好き用シール

2014/04/17 Thu 00:20

ネットで見つけてどうしても欲しくなった猫シールが来たので、スイッチのところに貼ってみました。

猫シール
鳥を狙う猫バージョン。

電気つけるたび何だかほっこりします。ただ、遠くから見ると汚れに見えなくもなかったり。

猫シール
ねずみバージョンもあります。

シナモンさん
ちなみにこの方本当に鳥やネズミを捕まえてきます。

この商品は完全にアイデア商品だよねー。


関連記事

かなりどうでもいいこと | コメント(0) | トラックバック(0)
今日は国政選挙だったため、最近は選挙一色でした。義理両親が熱烈に支持する与党FIDESZが圧勝なのでひとまずは良かったです。4年間はとりあえず家の中が安泰。ただ圧倒的な議席数でやりたい放題な面もあるので次が怖いな

で、選挙や何やらで家の中はガチャガチャしてたので一人黙々とドーナッツ作りました。

ドドドーナッツ
あら、クリスピークリームドーナッツじゃなくって?

ってそんな訳はないんですが。焦げてるし

KKDハンガリーにはないんですよね。でもイギリスではスーパーのTESCOに陳列されてた気がするので、ヨーロッパの他の国には来てるのかなぁ。ふいにあの甘甘なドーナッツが食べたくなる時があり、今回挑戦してみました。

あれって日本では今でも人気なんでしょうか。その昔、新宿のお店で待ってる間に味見で1個くれるからそれで十分になっちゃって帰ろうかと思ったことが…今となっては懐かしい。甘いからそうじゃんじゃん食べれるものでもないですよね。

で、レシピはクックパッドで見つけたこちら:http://cookpad.com/recipe/1030238

生地がかなり緩いので扱いにくさはあるんですが、軽い仕上がりで美味しいです。確かにあの甘々な感じが出てます。あとは生地の成形の練習する必要があるのと揚げる温度に注意しないといけないかな。レシピ作った人の試作回数が17回と半端ないので、そのくらい練習すれば近づけるのかしら。。。でもそこまでの根性ないなぁ。

いやはや、色んなレシピを再現してそれをシェアしてくれる人がいるという有り難い時代に居れてつくづく良かったです。以前の海外暮らしに比べたら今はきっと格段に楽なんでしょうな

関連記事

料理/お菓子作り | コメント(0) | トラックバック(0)

エゲルサロークの温泉

2014/04/02 Wed 18:02

前年度の疲れは前年度のうちに…というわけで、先日、エゲルのお隣にあるエゲルサロークって所の温泉に行ってきました。

エゲルサロークの温泉 塩の丘
ここの珍しいところは、塩分濃度がすごく高いお湯が湧き出ているとかで、塩の丘が出来ているとこです。1960年代に本当は石油を探していたところ温泉が出てきちゃって、何をするわけでもなくそのまま放置したら丘が出来てしまった模様。

エゲルサロークの温泉
60度以上の温泉が湧いてます。

エゲルサロークの温泉
エゲルサロークの温泉
2007年だったかにこのホテルが出来て、温泉入りながらこのお塩の丘を眺めることができます。ま、さして大した眺めでもないですけどね。

エゲルサロークの温泉
お隣に階段が作られており、これも数十年すれば綺麗な塩の階段になるのかな、と。

エゲルサローク温泉
ホテルは週末満室だったためお風呂だけ頂いたんですが、個人的に大満足な温泉でした。色んな種類のお風呂があり、比較的高めの温度のお風呂も広々としていたし、露天部分では日の入りが綺麗に見れたし。熱いお湯にしっかり入りたい者としては、ハンガリーの温泉ちょっとこれまで不満だったりしたんですが、ここは満足、満足

エゲルサローク温泉
ホテルの近くには公共温泉のようなお風呂もあり、こちらも人気でした。まぁ同じお湯を引いてるわけですしね。日常的に入るにはこっちでも十分かも。

http://www.egerszalok.hu/index.php
エゲルでワインを楽しんだ後ここの温泉でくつろぐっていうのもハンガリー国内旅行としておススメパターンです。ホテル以外にもペンションやゲストハウスも結構あるようです。

関連記事

エゲル等北部 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |