海外でも和食 団子編

2013/12/04 Wed 18:26

一向に記事数が伸びないこのカテゴリですが、今回はお団子です。

だんご

気になるのがこれまたその材料。白玉粉とか上新粉とかはたまた道明寺粉なんていうのもありますが、これらの材料を海外で探すのはちょっと大変。そもそも、日本語で粉の区別をよく知らなかったので、研究してみました。なんの得にもなんないけど、地味にこういう作業好きです。

ウィキによると、米粉系の分類は大きく分けてうるち米(普通のご飯用のお米)orもち米に分けられるそう。

原料

うるち米

もち米

特徴

成形しやすいが、固くなりやすい

なめらかさがあるも、成形しにくい

用途

和菓子(かしわ餅、月見団子)

ビーフン、ライスペーパー

パン、クッキーなど

和菓子

(大福、白玉団子、求肥)

種類

上新粉(米粉)

白玉粉

餅粉、求肥粉、道明寺粉

*製法による違い*

海外

たぶんですが、

英:rice flourstarch

ハ:(gluténmentes) rizsliszt

中:粘米粉

として売られている模様

たぶんですが、

英:glutinous rice flour

ハ:gluténos rizsliszt

中:糯米粉

として売られている模様



特徴はお互い両極端なんですが、それを補うためにうるち米系ともち米系半々を材料にした粉が最近日本のスーパーで売られているらしい『団子粉』だそうです。Cookpadでも団子粉レシピ結構多いですよね。

ま、団子粉なんてものは海外にはあんま置いてない気がしますが、自分で両方の粉を買ってきて混ぜればその団子粉が作れるってことかな、と解釈。

ハンガリーで購入した米粉と白玉粉
そういうわけで、アジア食材店でベトナム製米粉を買ってきました。っていう漢字が入ってると『もち』米系の白玉粉類のようです。

ちなみに買ったのはブダペストのシャールカーニセンター内のアジア食材店。ここは中国製品の洋服やアジア食材店などが入っています。

で、食材店の写真を撮ろうと思ったんですが、アジア系のお店は脱税なども多くたぶん嫌がられるだろうとの配慮から撮らずに帰りました。用事があって旦那と2人かなりかっちりした正装で寄ったので、店員さん若干おびえていたようでしたし…。。

と、団子の材料の研究で力尽き、結局まだ団子作れてない

こういうの、食べたいですな~。

関連記事

日本食材作り | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |