先日ブダペストに行った際、クルトゥシュカラーチのフェスティバルが行われていたので覗いてみました。

クルトゥシュカラーチってのは、パン生地を筒状にして焼いたようなもので、素朴な味わいが外国人観光客にも人気のおやつです。

クルトゥシュカラーチなフェス
子どもたちがカラーチを焼く体験していたり。

クルトゥシュカラーチなフェス
チーズやはちみつなどの売店も。

クルトゥシュカラーチなフェス
ここでは普通のお値段でしたが、クリスマスマーケットでは3、4倍の値段で売られていたりします。

クルトゥシュカラーチなフェス
それにしても、どこのお店も長蛇の列。まぁよく待ちますな。

ブダペストのアイス屋さん
ブダペストのジェラート屋さん
この日はぽかぽか陽気だったので、近くにあったこのアイス屋さんへ。と、びっくりするほど美味しかった!もぅ今年最後のアイスかな。

(Fragola:Nagymező u. 7, Budapest 1065, Hungary/トリップアドバイザーでも割と良い評価のようです)

関連記事

ブダペスト | コメント(0) | トラックバック(0)

海外でも和食 あずき編

2013/10/12 Sat 22:35

何となくシリーズ化したいと思いつつできていない、『海外でも和食に挑戦』の記事。今回は、小豆でございます。

よくよく考えると小豆なんて煮たことなかったかも…。ってか絶対ないな。まぁ日本に暮らしてればあんこの缶詰なんてものが簡単に手に入りますものねぇ。人間何か簡単に食べられないとなると逆に無性に食べたくなるという生き物です。そんなこんなで今回は煮てみました、小豆。

あずき
ただ、小豆自体を探すのが大変。で、アジア食材店で発見したこのタイ産の小豆らしきお豆。確かに小豆っぽいけど何となく小ぶりっぽいし確信をもてぬまま購入。『赤いムング豆(緑豆)』という名前で売られていたんだけど、小豆って赤い緑豆っていう分類でいいの?と思いつつ調査してみると大丈夫らしいです。両方マメ科ササゲ属に属し、大豆とは違う分類の豆だそう。なお、緑豆は別名『青小豆』で、もやしや春雨の原料として使われています。Byウィキ (海外にいると穀物類の分類にやたら詳しくなってくる気が…)

小豆の煮方なんてものは検索したらいっぱい出てくるので省略しますが、今回参考にしたのは白ごはん.com。このサイト、個人サイトにしてはすごい量のレシピを掲載してます。しかも和食中心で写真見てるだけで幸せな気分に…

あずき
こんな感じのあんこが出来上がりましたが、まずまずのお味です。勝手に煮込み時間を切り上げちゃったけど、もう少し煮込めばよかったなーとポロポロするあんこを食べつつ反省。

どらやき
勢いに乗ってどらやきも作ってみました。なかなかいい色に出来ましたでしょ。


こんな焼印があったらもっとよかったかも。

次は何を作ろうかな~


関連記事

日本食材作り | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |