所変われば

2013/09/30 Mon 19:08

なんか妙に寒いなーと思ってたらもう10月なんですね。それにしてもこんなに冬って早かったっけ、っていうくらい最近寒いんですが…。

はて。夏休み前あたりからずっと家の改装をやっておりまして。床を張り替えたり、家具を入れ替えたり、壁を塗り替えたり…ということを業者さんにやってもらっています。

でね、その業者さんたちの仕事ぶりっていうか品質というのが『いや、こりゃありえんでしょ。』っていうようなものに出くわすんですよ。わたくしめ心が広い、いや大ざっぱなので他人の仕事でも多少曲がってたりムラがあったりしても基本的にOKな人なんですが、そんな人から見てもNOな仕事ってもうそりゃひどい。

塗装業者さんに壁塗りしてもらったんですが、ローラーのみ使って仕事するから角の部分は塗れてないんですよ。その部分だけ見事に色が違ってラインができてるという…『刷毛使いなさいな、刷毛を』って素人でもできる突っ込みが可能な仕上がり。ドアを塗らせたらガラス部分までペンキが塗られていて…『何のためのマスキングテープだよ』ってね。おまけに張り替えたばかりの床にもペンキが飛び散ってたりするので、仕事きっちりタイプの旦那と義母はもぅ特に怒り心頭でございます。

でも感心するのはそれを仕事として請け負って(しかも低価ではなく)納品する神経の図太さ。何だろう日本人の精神構造からして多分これはない気がするんですよね。いやあるんだろうとは思うけど、確率的にはかなり低いんじゃないかな、と。

まぁ今回のことは高い授業料だった…と家族内では収まったわけですが、私にとっては『このレベルだったら、なんちゃってDIYな私でもこの国では明日から塗装業者としてやってけるな』と勇気をもらう出来事でした何でも品質基準が高い日本に生まれ育つとどんな分野でもある一定の基準に到達するまでは『仕事ができてる』とは言えなかったりしますが、一歩国を出てみると案外『できてる』と言えるのかも。よく外国人の履歴書ははったりが多いとか言うけど、あれはきっとそもそも評価基準が全く違うんだろうな、と。

とまぁ国が変わるとホント色々違うな~なんてことを思った昨今です。

サシェ
おまけ:最近作ったべレグ刺繍入りのラベンダーサシェ。このレベルでも『刺繍得意です』と言ってよいのではないかと思えてくるから怖い


関連記事

かなりどうでもいいこと | コメント(0) | トラックバック(0)

クロアチア シベニク

2013/09/22 Sun 20:53

だんだん寒くなってきて夏の記憶も薄れてきましたが…しつこく続くクロアチア旅日記です。

クロアチア滞在中お天気には結構恵まれましたが、この日は朝からまさに『バケツをひっくり返した』ような豪雨で泳ぐどころじゃなかったため、お隣の都市シベニクを観光。ザダルから60㎞くらい離れたところにあります。

クロアチア シベニク
ここも細い道がたくさん。

クロアチア シベニク
クロアチア シベニク
建物を注意してみると結構面白いものが。

クロアチア シベニク
猫がおもむろにやって来て寝転んだ。

クロアチア シベニク
中心地の広場付近。

クロアチア シベニク
クロアチア シベニク
ここは世界遺産にもなっている聖ヤコブ教会があります。クロアチアの教会では夏でも男女問わずノースリーブだとショールを貸し出して肩を出さないように求めるところが多いようです。

クロアチア シベニク
クロアチア シベニク
クロアチア シベニク
教会内。世界遺産だけあって結構なにぎわいでございます。

クロアチア シベニク
クロアチア シベニク
クロアチア シベニク
高台にお城の要塞もあるのですが現在工事中。ですが、ここからの眺めが素晴らしいので上ることをおススメ。

ザダル、スプリットという大きな都市の中間にあるこのシベニク、こじんまりまとまった可愛い街でした。クロアチアにはまだまだこういう街がたくさんあるんでしょうな。できる限りコツコツ発掘してみたいです

去年は、夏休み直後に会った姉の上司に『妹さんは何故あんなに黒いの?』と言われたらしい(伝聞)ので、今年は気をつけようと思ったものの…まぁ今回も美白?何それ?っていうくらい真っ黒になりまして。ここにいる限りもう無理だなと諦めることにしました。はは。

以上でお隣の国訪問日記おわりです。毎年言い続けている気がするけど来年こそドブロブニクに行き着きたい

関連記事

クロアチア 2013-14 | コメント(0) | トラックバック(0)

クロアチア ザダル市街

2013/09/16 Mon 18:41

この日はザダルの中心地へ。クロアチアで5番目に大きい都市というザダル、確かに何だかいろいろありました。

クロアチア ザダル
ザダルの中心地は半島のようになっていて、この橋を渡って中心地の旧市街へ。

クロアチア ザダル
立派な正門や

クロアチア ザダル
時計塔があります。

クロアチア ザダル
ザ・マリンなお店も。

クロアチア ザダル
クロアチア ザダル
円形の聖ドナト教会。音響がいいとのことでよくコンサートが開かれているとか。

クロアチア ザダル
教会の2階からの景色が綺麗でした。

ザダル
クロアチアはこの夏EUに加盟したので、EUの新しいプレートや旗がちらほら。

クロアチア ザダル
クロアチア ザダル
ザダル
で、海岸沿いのこの『海のオルガン』付近が観光スポット。管が埋められているらしく、波によって不思議な音を奏でます。プワープワーっとオルガンっぽいような…そうでないような。寝転んで耳を当てて聴いたり録音してる人もいましたよ。

ザダル
オルガンの近くには、『太陽への挨拶』とかいう名のこんな大きな太陽光パネルもあります。

ザダル
昼間の太陽光により発電し、夜LEDパネルの色が発光する仕組み…らしい。

2つともクロアチアの建築家Nikola Bašić氏が設計したようです。中心部にある銀行などの入ったモダンなオフィスも手掛けたようで、なかなか有名な方なのかな。

でもってレストランはぽっと入ったここ(http://www.bruschetta.hr/en/)が美味しかったのでおススメ。人気なので夜は予約があった方が良いかも。

というわけで、ザダル市街なかなか楽しめる街でした。

関連記事

クロアチア 2013-14 | コメント(0) | トラックバック(0)

クロアチア ザダル滞在

2013/09/16 Mon 18:40

今年はイストラ半島から離れてもっと東のザダルに滞在することに。プリトヴィツェ湖から車で2時間くらいです。

ザダル滞在
ザダル滞在
今年もアパートメントですが、今回は今年できたばかりの場所に滞在。団地住まいから少し成長して新興住宅地っぽいアパートメントでした。まだ新築の匂いがして新居に越してきた気分。

ザダル滞在
1階の人にはもれなくお庭つき。お隣さんはお庭でバーベキューしてました。ご近所さんは主にドイツやオーストリアからが多かったです。経営自体、ドイツ系なのかな。

ザダル滞在
テラスから遠くに少しだけ海が見えます。海のない国に住んでいながら海の見える場所で暮らすのを夢見ていますが、一瞬夢がかなった感じ。ちなみにオーシャンビューの部分はプール付きの豪華アパートメントが並んでます。

ザダル滞在
この日のお昼はハンバーガー。オーブンなんてのもあるので、結構料理が楽しめました。

ザダル滞在
ザダル滞在
専用ビーチがありますが、相変わらずのゴロゴロビーチ。&あまり舗装されていないため、なかなか海に入るのに一苦労でござった。

ザダル滞在
なまこやウニに加え、今回はナント美味しそうな大きな毛ガニ発見!!いやほんとお寿司のネタの宝庫ですよ、アドリア海

で、夫婦してヤドカリと遊んでたら見知らぬ子供たちが集まってきまして。いっぱい小魚やらカニやら集めてる容器を見て旦那は『可哀想だから海に返してやりなさい』と必死に説明を試みる。…が、『食べるのはいいけど、無駄死にはさせたくない』と生き物に妙に優しい旦那のポリシーも、好奇心旺盛な子供らには通じなかったようで。その後もガンガン捕獲してました…

宿泊先:Falkensteiner Apartments Petrcane
ホテルエリアとは隔離されていて他のビーチを楽しんだり共通のアミューズメントがないのが残念ですが、そこまで人も多くなく、クロアチアに暮らす気分を味わうにはおススメな場所です。

8月下旬のため蝉が結構鳴いていましたが、旦那が何の声なんだと不思議がってました。そういやハンガリーで蝉の声聞かないかも。。

関連記事

クロアチア 2013-14 | コメント(0) | トラックバック(0)
プリトヴィツェ湖から15㎞くらい離れたところに鍾乳洞がありまして、ザダルへ移動する前に立ち寄ってみました。

クロアチア鍾乳洞
専用駐車場に車を止めて歩いて5分くらい下ったところに入口が。1時間に1度ツアーがあるようですが、5分前に出発したとのこと。せっかくなので次を待つことに。

同じように到着したカップルは待ちたくないからか、自分たちで回れないのかと食い下がっていましたが、ツアー以外では入れないようです。

クロアチア鍾乳洞
8人くらい集まってツアー開始。ヘルメットをもらい、いざ洞窟へ。中は気温9度なので防寒着が必要です。

クロアチア鍾乳洞
クロアチア鍾乳洞
クロアチア鍾乳洞
フラッシュ禁止のため写真がイマイチですが、なかなかの迫力。地震や人的に破壊された部分はあるものの、水が滴る限り伸びるらしい。

これまで発見した人骨は世界大戦時のもので古代のものはまだなかったとか。が、この数週間前に古い人骨を発見し現在それがいつのものか調査中とのこと。もしや世紀の大発見になるかも?

ツアーの終わりにガイドさんが洞窟の中で一時ライトを消し、本来洞窟の空間がどんなものか体験させてくれました。人は音も光もない空間に15分もいると時間や方向感覚を失うとか。だから自分たちだけで洞窟に入ってはダメなんですね。

正味40分位のツアーですが、なかなか貴重な面白い体験ができました。クロアチア、スロベニアにはたくさん鍾乳洞があるようですが、ここは小さめだからあまり有名じゃないのかも。プリトヴィツェ湖に近いので、ついでに立ち寄るのはいかがでしょうか。

http://www.baraceve-spilje.hr/index.html

関連記事

クロアチア 2013-14 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »