たまにはまじめに

2011/05/31 Tue 21:23

普段はやれ何処に行ったとか何を食べたとか花が咲いたとか…ってなあまり意味のないことを書いてますが、たまには真面目に語ってみます。キリリこれまであんまり自分のことを書いてないような気がするので、あらためて書いてみようかしら。

プロフィールにあるように私と旦那ガーボルさんはスペイン巡礼中に出会いました。まぁ旅先で知り合った外国人と結婚したわけですが、そう聞くと『何だか飛んじゃった人なのかしら?』と思われるかもしれません。まぁ今は飛んじゃった人(ってどういう人?)かもしれませんが、数年前までは割と普通の常識的な人間をやっていたように思います。

日本で生まれ育てばたいていは『勉強していい学校に行き、いい会社に入り…というのが幸せだ』なんていう価値観を否応なく植え付けられたりするわけですが、それを信じるか信じないかの選択は実は自分に委ねられていることにすら気づけなかったほど私はこの価値観をしっかり握りしめて生きてきました。そしてそれでかなり苦しみました。いわゆる『世間で認められる人』になるため七転八倒しましたが、私にとってはあさっての方向だったらしく、『あ、やっぱ無理だったわ』と悟って開き直ったあたりから人生の流れがスムーズになってきた気がします。

もし何か自分がこれまで時間や労力を費やしたものがあったとして、現実的なあるいは常識的な選択をするとすればそれに関連した分野に進むことなのかもしれません。例にもれず私もそれをしようと試みましたがことごとく(今考えたら面白いくらい)ダメでした。もうきっぱり忘れて方向転換した時に前職の職場に出会い、いい同僚に恵まれ、その職場だったから1ケ月のお休みをもらってスペインに行くなんてこともできました。そのうちのどれか一つ狂っても今の自分はないことを考えると奇跡だな…とすら思います。

また、スペインに一人で行くことやハンガリー人と結婚するという選択にあたっても色んな意見がありました(わりと男性の方が反対意見が多かったです)。スペインは世界で一番危険な場所だとか、結婚相手には母国語で何でも通じる人の方がいい、であるとかそれぞれの意見は至極ごもっともな意見です。でももし私がその常識的な意見を聞き入れていたとしたらこれまた今の自分はないわけでして…。

まぁ何が言いたいかというと、『わたしはどうも非常識らしいっ』てことではなくて…常識的になることは一方で自分の可能性を狭めることにもなるわけで…一度の人生たまに非常識になってみるのもいいのかなってことかしら

…ま、お酒片手に書いてるんで酔っ払いのたわごとと思ってください

あたりまえなことばかりあたりまえなことばかり
(2003/03/20)
池田 晶子

商品詳細を見る
死とは何か さて死んだのは誰なのか死とは何か さて死んだのは誰なのか
(2009/04/04)
池田 晶子

商品詳細を見る

この人の本が好きです。たまには考えて鵜呑みにしてきた思考を疑うのも大事なのだなぁ


関連記事

ご挨拶 | コメント(0) | トラックバック(0)

エゲル

2011/05/28 Sat 18:06

先日Szilvasvaradに行った際、近くの観光地Egerに行きました。Egerといえばハンガリー有数のワインの産地ですが、国内の子供たちの遠足地としても人気らしいです。いやほんと、観光客がたくさんいました(ま、わたしもだけど)。

エゲル1エゲル4
立派な大聖堂など
エゲル2エゲル3
エゲル城。ちょうど結婚式の写真撮影をしてました。

エゲル6
路地の雰囲気は何となくセンテンドレにも似てるような。年間120万人訪れる観光地だけあって、お土産屋さんやレストランも色々ありましたね。

エゲル レストランエゲル レストラン
ちょっとー、こんなものを頼む人がいますよあまりの量なので、お手伝いしてあげました。ハンガリーではだいたい私は子供用プレートかパスタだけの注文です。それでも十分な量です

エゲル 美女の谷
エゲル中心部からちょっと離れたところにあるのがこちら『美女の谷』です。ワインセラーが70以上も並び、各国のワイン好きが集まるという場所です。今回は通っただけなので、近いうちにぜひ試飲に訪れたいのだ

フンガロヴィン エグリビカヴェール2008No.64508

フンガロヴィン エグリビカヴェール2008No.64508
価格:1,134円(税込、送料別)


『エゲルの雄牛の血』という意味の赤ワインが有名です。

関連記事

エゲル等北部 | コメント(2) | トラックバック(0)

韓国ドラマ

2011/05/25 Wed 22:40

日本で流行って久しい韓国ドラマですが、ハンガリーでも結構放映されています。で、『トンイ』という今NHKBSで放映されているらしいドラマをこちらでもやっていて、すっかりはまってしまいました(NHKのHP)。

だいたい海外映画やドラマは全て吹き替えなのであまり見てなかったんですが、感情表現豊かな上に次から次へと色々事件が起こる韓国ドラマの場合は比較的わかりやすく楽しめます。まぁそれでも『今なんて言ったの?』『何が起こったの?』『この人だれ?』と横でうるさくしてますけども…

そんなトンイ(こっちでは『ドンギ』だった…)も今日で最終回。何か案外あっけなく終わってあれれって感じでしたが、素敵なお話だったので是非見ていただきたいです。50-60回は結構長いですが、途中からでも十分楽しめると思います。

トンイトンイimagesCACTP2I5.jpg

主演のハン・ヒョジュさん。正統派美人さんです。

関連記事

TV・映画・本 | コメント(0) | トラックバック(0)

Szilvasvarad

2011/05/23 Mon 17:27

避暑地に行くにはちょっと早いですが、ここのところ週末もずっと仕事でお疲れのガーボルさんの突如の思いつきで近場の避暑地へ行ってきました。車で1時間半位のところにあるSzilvásváradという所ですが、ここはちょっと小高い山があって学生の遠足先だったり避暑地的な場所だったりするようです。

今回の目的は『だらだらする』だったので、ちょっと近場のEgerを観光した他はホテルでサウナに入ったりしてうだうだしておりました。もとはお城だったというこのホテル、食事もサービスも全て素晴らしくて夢心地でございましてEgerから車で20分位なので、Eger観光の際は是非一泊お勧めしたいホテルです。
La Contessa Castle Hotel 1
La Contessa Castle Hotel 2
La Contessa Castle Hotel 3
ホテルHP:http://www.lacontessa.hu
トリップアドバイザー:こちら

はて、このホテル内のレストランで飲んだSolo Quinta 2010という白ワインがものすご~く美味しかったのでご紹介を。ルーマニアのトランシルヴァニア地方(かつてハンガリーだった場所で今もハンガリー人が多い)のRecasというワイナリー(HP)のワインだそうで、今年パリのコンテストで優勝したらしいです。昨年のソルノクのワインフェスティバルでもここのワイナリーの赤ワインが一番だったと記憶してるので、いいワイナリーなんですかね。調べてみたら、日本でもここのワインが購入できるようです(こちら)。いやホント日本ってなんでも手に入るのね

以上、ガーボルさんが自分がいかに素敵なもてなしをしたかをブログに書くように催促するのでご報告しました


関連記事

エゲル等北部 | コメント(0) | トラックバック(0)

春というか夏というか

2011/05/19 Thu 20:20

あぢぃです。昼間ちょっと歩いて買い物…なんてしてみたら暑すぎでした。おまけにこの時期は植物の綿毛がふわふわ飛んでいて厄介です。アイス食べてたら『ふわり』とアイスの上に留まったり、家の中にも入ってきていつの間にか部屋の隅に綿毛の山が出来てたりします…。あれどうにかならんかな

ポプラ
犯人はこいつポプラ(nyárfa)らしぃ。

まぁそうは言ってもですね、今の時期は美味しいアスパラや苺が出回っていてうれしい時期でもあるんですね。本当に1,2ケ月で姿を消してしまうのですが、その分味は本当に美味しいです。年中手に入る便利さも捨てがたいですが、旬を感じるというのもまたいいものです。
市場1
市場2
市場3
この前行ったデブレツェンの市場にて。お花も色鮮やかです。
この時期に採れる苺を年中楽しむため、ジャムにしたり冷凍したりします。

関連記事

季節ネタ(春・夏) | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »