ダンシャリ

2011/01/30 Sun 21:28

最近というか去年あたりから断捨離ってのが流行っているらしいということをつい最近知りました。で、その本は読んではないのですが関連のブログなんかを読んでみると…身の回りを掃除したら心もスッキリして快適生活に!ってことのようです。たぶん。

で、日本を離れてみて思ったのが、日本にいると買わなくても何やら物の方から進んでやって来る気がします。道端で配られるティッシュ・サンプル、コンビニなんかでついてくるお箸やしょうゆ類、新聞やさんがやたらくれるゴミ袋やラップ、一度頼んだだけで毎月のように配達される通販カタログなどなど。で、ラッピングなんかにも素敵な箱が使われてたりするからそんなものを取っておいたりした日にはもう収納場所がなくなりますなぁ。日本ってホント便利な国だよなーと思うけど、一方で物に埋もれてしまうっていう危険もあるから便利すぎるのも考えものかもしれません。

ただ、個人的には一度ストイックに物質主義反対行動に出て、何か物を買おうとするたび『どうせいずれ死ぬし』なんてことをイチイチ考えて物を一切買わない時期があったのですが、そうすると全くもってこの世を楽しめなくなっちゃうので断捨離もほどほどくらいが調度いいのかもと思ったりします。

新・片づけ術「断捨離」新・片づけ術「断捨離」
(2009/12/17)
やました ひでこ

商品詳細を見る

モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ (DO BOOKS)モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ (DO BOOKS)
(2009/12/03)
川畑のぶこ 著

商品詳細を見る



関連記事

日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

DIY講座 2

2011/01/27 Thu 21:40

昨日、なんかの話で『わたしって勇気あるよねー』って言うつもりが『わたしって家具だよねー』って言ってました…。勇気のある=bátor 家具=bútor と似てるのよね。。ちっ、紛らわしい。

で、家具なんですが…IKEAで安い棚みたいなものを2つ買ってきたので、それを使って本棚を作ってみました。

furniture+3.jpg
最初はこう。

furniture+4.jpg
ステインを塗るとこうなって。

furniture+1.jpg
二つ繋げて背面つけて白くペイントするとこうなると。間の箱はステインだけにしてみました。

furniture+2.jpg
仕上げにやすりで削ったりすると何となくアンティークな感じじゃないの、ちょっとぉなんて思ってたんだけどね。ペンキが足りなかったのか的なことを聞かれました。あらら。アンティーク風って一歩間違えると汚く見えるんだよなぁ。結構難しーのね

関連記事

雑貨・手作り・DIY | コメント(0) | トラックバック(0)

国際結婚のススメ

2011/01/25 Tue 21:48

うちらはハンガリー人と日本人カップルというまぁ世の中では珍しいカップルの類に入るかと思われます。なので、姉なんかは話題に困っても『妹がハンガリー人と結婚して…』なんて話を持ち出すと場が一気に盛り上がりを見せると言っております。

で、これは別に日本に限ったことではなくてハンガリーでも同様でして。『はじめまして』の人には大抵いろいろ質問攻めにあい、スペインで出会ったとなればまたさらに突っ込まれるので毎度毎度同じ話をしております(ガーボルが)。先日も、大きな親戚の集まりがあり、まぁ関係性で言えばかなり遠い親戚みたいで年に一度しか集まらないらしいのですが結構な数の『はじめまして』な方々にお会いすることになりまして。高齢な方々も多く、きっとこれまでは健康法やら年金の話を毎年してきたのかもしれませんが、ここにきて我々が参加したことにより一気に場が盛り上がりを見せました。まぁ軽くアトラクションのようなエンターテイメントのようなものだったのか、参加者の方に感謝されたくらいです。てへ。

…と、形はどぉあれうちらの結婚はどぉも他人様のお役に立っているらしーので嬉しいです。まぁでもきっと一生同じ質問されるんだろーなぁ

ダーリンは外国人 in Englishダーリンは外国人 in English
(2010/03/17)
小栗左多里、トニー・ラズロ 他

商品詳細を見る

映画にもなったという『ダーリンは外国人』の英語併記版。面白いし勉強にもなる一冊です。いやホント、外国人ってなんで映画館であんなリアクションが大きいのかね

関連記事

日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)

泣ける映画

2011/01/23 Sun 18:50

以前1リットルの涙にはまって以来あの手のいい映画かドラマはないか探しております。で、今回ガーボルがいい映画をダウンロードしたらしいので見ることに。既に見たガーボルは「主人公の女の子が君に似てるんだよ!」と言うので『え、なになに。私が宮崎あおいに似てるって?』と思ったらそうではなくて「主人公のSHIZURAっていう女の子のキャラクターが私にそっくり」だそうで。ま、『しずら』ではなくて『しずる』ちゃんなんですけども。で、その『しずる』ちゃんのキャラクター、一言で言えば『変人』でした…。あ、そぅ

で、肝心の映画の方は、主演の玉木宏の演技がどことなくぎこちない気もしなくもないけど、お話はとっても素敵でまぁ悲しいお話なので2人して号泣でございます結構前の映画なのかなー。何でも『泣ける映画』で上位に入ってるらしーです。というわけで、泣きたい方は是非☆

ただ、君を愛してる スタンダード・エディション [DVD]ただ、君を愛してる スタンダード・エディション [DVD]
(2007/03/16)
玉木宏、宮崎あおい 他

商品詳細を見る


関連記事

TV・映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)

Tiszavirag橋完成

2011/01/21 Fri 21:56

ソルノクにはTisza川という割と大きな川があるのですが、この度その川に歩行者用の橋が完成したので完成式典に行ってみました。歩行者用の橋としては中欧で一番長いそうな。こう言ってはなんですが私的には橋ってそんなに興味もなかったんですけど、家族にとっては仕事柄大変興味深いらしく、これまで何度も工事中の橋の見学に行きました。Cifka家にとっては軽いエンターテインメントだった橋工事、一昨年夏に開始され本当は昨年9月には完成予定のはずが多雨で川が増水したために大幅に遅れて今やっと完成です。市民も待ちに待った完成だったらしく、式典にはかなりの人数の人が参加してました。
hid+1.jpg
hid+2.jpg
hid+3.jpg
国歌斉唱や市長の挨拶などなど色々あった後、かなり順番を待って通行開始。こんなに市民がいたのか…っていうくらい大勢の人を見たなぁ。
hid+5.jpg
hid+6.jpg
hid+7.jpg
まぁ夜になるとライトアップされて綺麗かも。街のシンボルにしたいらしーけど…んー、どぉだろねー

関連記事

ソルノク | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »