おうちカフェ

2010/12/31 Fri 00:43

hotwine 2
外はこんな感じで相変わらず真っ白。ずっと氷点下の気温が続いているため数日前に降り積もった雪も解けずに残っています。こんな寒い時はおうちで茶などしてまったり過ごすのもこれまたオツなものです。ま、私の場合はお茶ではなくて『ホットワイン』ですけども。。という訳で、黄金レシピとまではいきませんが、自分で辿り着いたホットワインレシピをご紹介。

<ホットワインのレシピ(あくまで自己流)>
ワイン赤or白300cc
お水150cc
オレンジ 3スライス
お砂糖 スプーン大2.5
はちみつ スプーン大1
クローブパウダー スプーン小半分
シナモンパウダー スプーン小半分
ジンジャーパウダー 2振り
以上の材料を小鍋に入れて弱火で7-8分煮て出来あがり。

*大匙とか小匙ってのがないので、あえてスプーンにしとります。

ワインはすごい安いものでよくて、私は赤と白を半分ずつ混ぜて作っております。あと、沸騰するとアルコール分が飛んでしまうのですが、個人的にはそっちの方が好きなのであえて飛ばしてしまってます。アルコール分を残すと飲むときむせてどぉも上手く飲めないんですよねぇ

hotwine.jpg
お気に入りのカップに入れて飲めば、もうカフェにいるようなもんです。ショウガも入ってるのでかなり温まります。ってなことで今年はホットワインでも飲みながら年越しなんてのはいかがでしょうか。

今年も変なブログにお付き合い頂きありがとうございました。みなさま良いお年をお迎えくださいませ

関連記事

ハンガリーの食べ物 | コメント(2) | トラックバック(0)

ラッピング事情

2010/12/28 Tue 19:49

クリスマスホリデーってことで皆食べすぎで胃の調子が悪い今日この頃胃の調子が悪いようなとき日本では『おかゆ』とか『うどん』なんかを食べますが、ここでは茹でたじゃがいもとかハーブティーとビスケット(『マリー』みたいな感じのやつ)なんかを食べます。

はて、ご近所さんにやたら色々と作ってもらったので、お礼にとハーフリネンのキッチンクロス(要は『ふきん』)を作ってみました。パン生地やらを休ませる時にも使えるしいいかなぁと。ちょっと変な刺繍も入れてラッピングもしてみましたよ
gift 3
gift 1
gift 2

プレゼントは大体みんな自分でラッピングするので、クリスマス時期はよくラッピング素材が売られております。日本だと無料でも結構ちゃんとしたラッピングをしてくれますが、あのサービスって有料にしていいんではないかというくらい素晴らしかったんだと今になって思います。『簡易包装にご協力を』と謳ってる所の包装ですら、他の国に比べたら立派な包装なんではないかなぁ。ハンガリーでは結構な値段のものを買ってもうっすぅ~いビニール一枚にぎゅうぎゅうに入れられて、途中破れたりするので要注意です

只今マスキングテープとスタンプにはまり中。
 


関連記事

雑貨・手作り・DIY | コメント(0) | トラックバック(0)

メリクリ

2010/12/26 Sun 20:08

fa 1
fa 3
あっという間のクリスマス。夜中教会行ったり親戚のお家に行ったりと結構な疲労度です。ま、家族で集まって美味しいもの食べてお歌を歌ったりプレゼント交換したり…と日本のお正月みたいなもんですな。だけど、クリスマスって当たり前ですけどイエス様のお誕生日なんですよねぇ。なので、こちらでは4週間前からその日を迎える準備をし(アドベント)、教会では小さい子がご降誕の劇をやってたりします。その昔、私も小学校でその劇をやってエキストラ的な『星その1』みたいな役だったな-と、その話をしたら『星はイエス様の誕生を知らせた重要な役だ』なんて慰められて…只今『小さなお星さん』というあだ名で呼ばれてますけど。はは。当時は『けっ、星役かよ。』と幼いながら思ったに違いないですが、今となってはいい思い出だわぃ。
fa 2
はて、クリスマスプレゼントどうしようかと悩みましたが、ガーボルさんには悟りの本をあげることにしました。ま、そんな本読むのは恥ずかしかろうということでブックカバーもつけてあげましたよ。が、痛恨のミス。どんぐりのアップリケを表紙につけたつもりが、裏につけてました…。和書と洋書じゃ表紙が逆だったよ-。ま、いいか。

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になるさとりをひらくと人生はシンプルで楽になる
(2002/06)
エックハルト・トール、Eckhart Tolle 他

商品詳細を見る

この人が書いた本をあげました。ふふ、怒りんぼうのガーボルさんも来年の今頃は悟りをひらいて仏様だかイエス様だかのようになってることと思いますちなみに、私はご両親にギターをもらっちゃったんだよねぇ。って弾けないんですけどね。お家にある古いギターで遊んでたから不憫に思って新しいのを買ってくれました。ははー、こりゃ本当に弾けるようにならないとまずいな


関連記事

季節ネタ(秋・冬) | コメント(0) | トラックバック(0)

クリスマスの準備 

2010/12/22 Wed 22:31

もうすぐクリスマスってことで色々と準備しております。クリスマスにはベイグリという焼き菓子を食べますが、大人も子供も大好きな焼き菓子のようでガーボルも随分前から『ベイグリはいつ作るのか。』としつこく聞いてました。という訳で昨日お義母さんが作ったベイグリがこちら。
karacsony+3_convert_20101223052239.jpg
karacsony+4_convert_20101223052645.jpg
この倍の長さで6本ほど作ってました
ベイグリは『けしの実』か『くるみ』入りが普通ですが、私はどぉもやっぱり大量のけしの実を食べることに不慣れなので断然クルミ派。ただ、クルミの実を割るところから始まって、しかも途中クルミの実から蟻んこが出てきたりするから結構大変な作業です。

karacsony 2
karacsony 1
これらはご近所のおばさまが作ってくれた焼き菓子と天使の飾り。お菓子は各種類大きな箱一杯作ってくれましたよご家族の分と近所の分でここのところ日に天板10枚以上の焼き菓子を焼いているらしく、家中が甘い香りで包まれているらしぃです。なんか素敵な感じ

関連記事

季節ネタ(秋・冬) | コメント(2) | トラックバック(0)
先々週だったかにブダペストに行って来ました。ガーボルの用事についていったので、2,3時間自由行動の時間が!『わ~い、一眼レフもって散策してみようっと♪』と思ったら、まさかの一眼レフ禁止&デパート以外出歩き禁止令が出ました一応反論しましたけども、この時期悪い奴がいるからということでして。『ちっ。悪い奴って一体誰だよ。』と思いつつもおとなしくWest City Center という大きなデパートで買物することに。まぁそれはそれで普段買えないものを買えたりしてよかったですけどもね。その後、クリスマスマーケットに一緒に行ってみました。ガーボルも初めてだったらしーです。『えー、ハンガリー人なのに?』と思いましたが、案外そんなもんかも。
BUD 1
BUD 2
BUD 3
BUD 6
BUD 7

『いやいや、やっぱ都会のクリマは違うねぇ』なんて思ってたら、お土産屋さんを見てたガーボルに「ちょっと、彼女を助けてあげて」と言われまして。スペイン人らしい若い女性が英語で何やらお店の人とお話してるんだけど、おじさん英語がわからないようだと。『え、ってかそれあなたの役目じゃね?』と思いましたが、素直に彼女のお話を聞いてみると、「お店の方はこれと似たものをもう包んでくれたんですが、大変申訳ないんだけどこちらのものに変えてほしいんです。」ということらしいです。ほぅほぅなるほどね、あなたの言うことはわかるんだけど…当方それをハンガリー語に訳す力がないんです。ってことで、そういう謙りやら丁寧な感じはすっ飛ばして「あれはいらん。これくれ。」みたいな訳になっちゃいました…。ははま、一件落着したからいいか。っつーか許可なく人助けをかって出るのはやめてほしぃ

BUD 5
BUD 8
BUD 10
BUD 9
青山にもお店がある『ジェルボー』の前もこんな感じ。
まぁ観光客も多くお値段もその分高めですが色んなお店があって楽しかったです。他の近隣国のクリスマスマーケットにも行ってみたいなぁ

関連記事

日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »