食について考える

2019/03/06 Wed 04:44

皮膚疾患にかかってとにかく全身が針で刺されたようにピリピリしてたり痒かったりの非常に辛い日々を過ごしまして。。

で、それだけ皮膚が異常を起こしてる状態が長く続くとですね人間ちょっと自分の生活を振り返るなんてことをするんですね。ま、アレルギーが原因だと思ってたのでその原因探しをしてたのもあるんだけど。食品の保存料や添加物だったり、洗剤だったりを見直そうかな、と。とりあえず市販のお菓子や調味料類はセーブしてみたりしてます。

それを考えると、自分が体に取り入れてるものに意識的になったのは良かったかな。すげぇ辛かったけど( ノД`) というかまだ辛いけど。『もうこの体を脱ぎ捨てたい!』って思うくらい。。


で、こちら食事にもう少し気を遣おうかな、と思い出した頃出会った本。食との向き合い方とか生き方みたいな本に近いですが、良かったのでオススメです(ただ、レシピは大事じゃないとのことでレシピ載ってないです。料理本のジャンルではない、かな)。

簡単手抜き料理とか便利だし好きなんだけどね。片手間ではなくてしっかり向き合って心を込めて作った食事って違うんだろうね、やっぱり。丁寧にお出汁をとってみたり、とか。。してないなー。
とりあえずこの方の本は掃除の大切さが力説されてるので、読むと途中で本放り出して『やべぇ掃除しよ』って思います(゚∀゚)

↑こんな本の紹介を含めて去年あたりから別のブログを書いてまして。
このブログは情報メインで美味しいー楽しいーって軽い内容ですが、あっちの方はがちでスピな内容なので苦手な人は苦手かもしれません。あとすげー暗い(-∀-)というか真面目に書いてる。真面目に宇宙人のこととか書いてるので(゚∀゚)も~し興味がおありの方がいらっしゃいましたら是非そちらもご訪問下せぇ。。



TV・映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)

万引き家族

2019/01/20 Sun 23:36

どこもインフルエンザが流行っているようですね。うちは義理の両親の風邪が全然治らず毎日点滴を打ってもらう事態にまで陥ってます。(-∀-) 病気になっても脱水症状にならないように水分補給だけはきちんとしないとですね。。

さて、先日映画館で是枝監督の『万引き家族』観てきました。
カンヌ受賞作品だからかハンガリーでも公開されて、地元の小さなアート系映画館でもやってました。日本円で400円くらい。ハンガリーで日本語音声の映画を見れるってすげぇ有難いです。

観客は全部で4人だけでしたが(゚∀゚)

映画の内容ですが、いやぁ女優さん達の演技が素晴らしいですね。安藤サクラさんと松岡茉優さん両方とも何かの賞を受賞されてたみたいだけど、お二人は特に体当たり演技で凄かったです(って、語彙力が…。

是枝監督の映画は社会問題を題材にして家族って、愛って?といつも考えさせられることが多いから個人的には結構好きで見てます。好き嫌いはあるかもしれませんが、よかったら是非に。

ちなみに、『お麩』の字幕訳が『クルトン』になってたんだけど、横から旦那が「クルトンって何?」って聞いてきましたよ…(゚д゚) (たしかに、そんな洒落たもんハンガリーのスープにはのってないか。。) 



TV・映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)

ボヘミアン・ラプソディ

2018/12/13 Thu 05:05


日本でヒットしているというこの映画を見に行ってきました。

ハンガリーでのハリウッド映画公開って日本より早いのか、いつも見たい!って思った時にはだいたい終わってるんですよねぇ。でも今回は地元でもまだやってたので間に合いました!

で、すごい良かったです!これは映画館で観た方がいいやつですね。臨場感あってコンサート会場にいる感じで楽しめました。(映画ナイトミュージアムでエジプトの王子をやってた俳優さん、今回フレディになりきっててすごい上手いです(゚∀゚))

特にクイーンのファンでもないし、そもそも良く知らなかったんですが( /ω)そんな私でも映画で出てきた曲は全て聞いたことある気がします。あと猫ちゃんがいっぱい出てきて可愛いかった猫好きの方だったんですね

(あと、男性同士のキスシーンで『うえぇ』とか『気持ちわりー』って反応する人たちが結構いたけどお国柄かな?日本ではどうですかねぇ。)

マーキュリーの名前を選んだのも意味があったみたい。占星術好きな人には楽しめる記事かと。

86年にブダペストでもコンサートをしていてすごい盛り上がったらしいです。冷戦下の共産国でのロックコンサートということでも他とは違ったんでしょうねぇ。

見てない方は是非映画館へ!
いやぁ、映画っていいですね(゚∀゚)



TV・映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)

飛行機で見た映画

2018/11/15 Thu 00:00

今回の一時帰国は初めてお隣のウィーン経由で行ったのですが、これが非常にキツかった。。最初のフライトはいいんですよ、1時間弱なので。でもその後待ち時間が5時間あった上での12時間フライトはさすがに堪えました。。年々長旅が辛くなってます(-∀-) 


そんな長いフライトで見た映画はいくつかあるのですが、特筆すべきは『レッドスパロー』です。な~んと舞台がブダペストでして、実際撮影場所としてプールやフェステティッチ宮殿が使われたみたいです(byウィキペディア)。

まぁロシアのスパイ映画なのでね、なんともエグいといいますか『うひぇ』って目を背けたくなるシーンも多々あります。アンジェリーナ・ジョリーが主演したSALTというスパイ映画でもそうですが、『ロシアって国にゃホント恐ろしい国だな』と思う映画です(゚∀゚) でもこの映画は結末が意外で『えぇっ』となってなかなか楽しめました。あと、主演女優のジェニファーローレンス、いつも暗いイメージだけどわりと好きです。

ちなみに最後に出てくるロシア大使をハンガリーの俳優さんが演じてます。『どっかで見たことある顔だなー』と思ったら、好きな料理番組に出てた俳優さんでした。


あと今さらながらですが、『グレイティスト・ショーマン』も良かったですねぇ。こっちでDVD買いました。サントラよく聴いてます。

あとは何を血迷ったのかこんな邦画も見ちゃいました。眠れず暇だったからかろうじて最後まで見れた、かな(。-_-。) いくらなんでもこんな嘘は突き通せんでしょうー、とツッコミ入れたくなった…けどまぁ映画だからね。

いやぁ映画っていいですね(゚∀゚) 



TV・映画・本 | コメント(0) | トラックバック(0)

ディエゴさん

2018/05/15 Tue 04:44


この番組何回か見たことあるんですが、今回のは個人的にものすごく良いなーと思うので見てない方は是非オススメです。(TV局の方には申し訳ないですが、こういうのがネットで見れるのはホント有難い。)

かい摘んで言うと、日本のプラモデルメーカーが大好きで日本に行くことを20年位夢見ていたアルゼンチン男性のおはなし。

父親が他界したため若くして事業を継がないといけなかったため、自分の夢は横に置いておいて家族のために働いて来たそうで。今回やっとやっと日本行きを手にしたのですが、やっぱりね『20年』って時間相当長いじゃないですか。だからその分ご本人の『思い』みたいなものがすごく強いんですよ。とにかく何をするにしても感動が半端じゃないから、その喜びが画面を通しても伝わって来るんですよね。もぅホント泣けます(;_;)

夢をすぐに叶えた時に味わえる喜びと何十年後にやっと叶えられた時に味わう喜びってやっぱり違うと思うから、待つ時間も悪くないよな、なんて。後付けかもしれんけど(゚∀゚) 

とにかくディエゴさん可愛いので見てみてください(=゚ω゚)ノ


TV・映画・本 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »