歴史的な日

2018/02/23 Fri 05:54

冬季オリンピック、日本は毎日ニュースがあるみたいですね。個人的にはスピードスケートの小平さんと韓国の選手のエピソードが印象的です。ホントに良いお友達みたいで、ほっこりしました。タクシー代の話とか(=∀=) 

ハンガリーではオリンピックのことニュースにもなってないなーと思っていたら!

ハンガリー冬季オリンピック
© MTI
な~んと、ショートトラック男子5000mリレーで金メダル獲得しました!冬季オリンピック初の金メダルで1980年以来38年ぶりのメダルだそうです。しかもオリンピックレコードというおまけつき。


ハンガリー警察もツイッターでユーモアたっぷりにお祝いした模様。『今回のスピード違反は我々も祝福するよ』って感じでしょうか。

ハンガリー冬季オリンピック
©Czeglédi Zsolt / MTI
シャーンドル選手はイギリスのスピードスケートの選手Elise Christieさんが彼女らしいです。彼女自身は今回のオリンピック散々だったみたいなので、彼が歴史的なメダルに貢献したのは嬉しかったでしょうね。(・∀・)シランケド

日本はまだメダルが期待できそうな競技があるのかな。カーリング女子とか?映像見れてないので途中のおやつタイムやら「そだねー」見てみたいです(゚∀゚)


TV・映画・本 | コメント(0) | トラックバック(0)

冬季オリンピック

2018/02/13 Tue 06:26

日本は盛り上がっているようですねぇ。

ハンガリーはですね、夏のオリンピックには強いのですが冬はからっきしなので盛り上がらないんですよね…。近隣国のオーストリアやスロベニアなどはいいですが、山がないからスキー系がね。あとは夏の競技は国のサポートも凄いですが、冬の場合それもないんでしょうね。。第一回から参加してる国の中で唯一金メダルがない国だそうです(;д;)

ただ!選手にイケメンが多いなと思います(゚∀゚)

平昌オリンピック
先ずは開会式の旗手を務めた選手(ナジ・コンラード)。

平昌オリンピック
©http://moksz.hu
家族の指摘で『そうなのか?』と確認してみたら確かに可愛い顔されてます。スピードスケートの選手です。
 
リュウ兄弟
©http://www.utanpotlassport.hu
お父さんがハンガリー人でお母さんが中国人のリュウ兄弟。双方ショートトラックの選手。

1-103-150x150.jpg
©http://moksz.hu
お兄さんのシャーンドル君。甘いマスクですが1500mで5位入賞の実力です。

marton.jpg
©http://sielok.hu
こちらのケーケシ・マートン選手(アルペンスキー)も可愛い顔されておられます。幼少期仙台に在住してたらしーです。

以上、ハンガリーのイケメン冬季オリンピック情報でした(*^_^*)


TV・映画・本 | コメント(0) | トラックバック(0)

飛行機で観た映画

2018/02/04 Sun 03:33

ひ。もう2月です。

コインチェック騒動で一気にNemコイン有名になったみたいですね。日本のメディアでは「仮想通貨危ない!」的な方向なのでしょうか(´・_・`)。個人的には仮想通貨自体は将来性あると思っていますが、価格の変動だけでなく管理リスクも高いので万人受けではないのかな。中央集権型ではない分、本当に自己責任の世界なので。。これをきっかけにきちんと法整備等がされて良い方向で広がって行けば良いなーと思いますが、どうなるでしょうか。

さて。タイトル通り今回飛行機で見た映画の話。

エア・フランスだったんですが、帰りは深夜便だったので出発後しばらくして5時間位寝れました。そうすると12時間半!のフライトも早く感じるもので「深夜便っていいな」と新発見。
そんな訳で映画は合計2本くらいしか見てないのですが、邦画『あん』が良かったのでご紹介。


まぁ何といっても映像が美しい。ロケ地が東村山みたいだけど、桜や緑の鮮やかさ、鳥のさえずりといった自然の美しさに目を奪われます。
河瀨直美監督の作品初めて観た気がするんですが、こういう映像撮る人なのかー、と他にも見てみたくなりましたよ。

で、ハンセン病をテーマに扱っていて重い内容でもあるんだけど、樹木希林の小気味いい演技のせいかそこまで重さはないかな。まぁでも考えさせられます。生きる意味とか、自由ってとかね。。

現代社会に生きてますとまぁ効率やら何やらで何でも駆け足で進んでしまうんですがー。もっとね、一つ一つじっくり向き合っていかないと大事なものを置き忘れてきてしまうよなー、と振り返らせてくれる貴重な映画です。もっともっと日々丁寧に生きないといけませんな(-∀-) 今年こそそんな感じに生きたいです(=∀=)

見てない方は是非に。(後で知りましたが、樹木希林とお孫さんが共演されてます。)


あとはキャストがすごい豪華なこの映画も見ました。自分の娘を亡くし生きる気力を失った主人公と仲間の話。なかなか暗く、興行成績も良くなかったみたいではあるんですが、個人的にはまぁまぁ楽しめました。でもウィルスミスはアクション映画で見る方が好きかなー。


TV・映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)

断る勇気

2017/10/26 Thu 03:33

選挙ありましたね。私も在外で投票しましたが、毎回世論と自分の考えの違いに驚きます…(゚∀゚) 

はて、先日のつづき。取材をお手伝いした記者さんがその後長期休暇を利用してハンガリーにも寄ってくれたので再会しました。

取材の最中、初めてのヨーロッパで見るもの全てに感激していた彼女、近いうちに長期休暇がもらえるのでまた遊びに来たいと言っていて。でも「休暇の間に先輩たちと国内旅行に行く約束してるから無理だなぁ、」と言ってたんですよ。そこで私は「そんなん断れば?」って唆した。国内旅行はいつでもできるけど、ヨーロッパには年に一回の長期休暇くらいにしか来れない訳だから・・・。

ら、本当に断って出発3日前に航空券取ってザック背負ってフランスに出発したそうな。飛行機の乗り継ぎもままならなかった彼女がこっちのLcc やバスを駆使して欧州数ヶ国回ってきたと、生き生きと話してくれたのは驚きと同時にすごく嬉しかったです。

で、それが出来たのも「キャンセルすれば?」と唆した私のお陰だと!
おほ(゚∀゚)
「断ったりしたら生意気と思われないか・・・」と心配してたので、「そんなもんは思わせときゃいいよ。」とピシッと言ってやりましたのでね(=∀=)

まぁでもねぇ、今は周りがどう思おうと自分のしたい選択を躊躇なくしてるけど、確かに若い頃は私も周りがどう思うかなんてことを気にしてたからねぇ。断るのす~ごく勇気いっただろうなぁ、と思います。(いやあの、約束は守らなくていいとかいう話ではないですよ、念のため)

空気読んで周りに合わせるってある意味楽ではあるんだけど、楽しくないんですよね。どうしたって自分の本心とは違う選択してる訳だから・・・。しかも、自分は自己を犠牲にして周りのために選択してるから、そうじゃない人(いわゆる「空気読めない奴」)には寛容になれない・・・。で、全体に不満が渦巻いていく、というループ。

各人が自分の幸せのために他人に嫌われる勇気をもってものごと選択していくと、結果みんな幸せになっていくんじゃないかなと思います。

読んでない方は是非。



TV・映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)

超高齢化社会

2017/08/14 Mon 04:44

今回日本にしばらくいる間に新聞やらテレビを見てると本当に超高齢化社会なんだな…と思いまして。まぁ読者や視聴者層に合わせているからなのもあるでしょうが、介護関係のテーマが多かった気がします。うちの実家の周辺でも老人ホームも多いしデイケアーの車をしょっちゅう見かけたので、実際そうなんでしょうねぇ。

で、介護関係や病気関係の本をいろいろ読んだので、その中で良かったなと思うものをご紹介します。


ちょうど発売されたばかりで売れてるとかいうので読みました。肺炎で亡くなる方が増えてるのは喉が弱って誤嚥のせいだったのか…と。父にも読ませたら、最近カラオケで喉を鍛えているようです(゚∀゚)


人は江戸時代には3万歩歩いていたそうな。散歩の時間が取れなくても駅1つ分を歩くエスカレーターの代わりに階段とか意識するだけでも違いそうですね。歩こう!


これは新たに出た介護編のようなのですが、前作の方を読みました。今年うちの猫が老衰で亡くなったのですが、この方のいう自然死そのもので…。飲まず食わずほぼ眠る日々が続いた後に穏やかに亡くなりましたが、私もこういう風に世を去りたいなと思います(゚∀゚)ここに宣言しときますね。

いやはや老いるのもなかなか大変です。。



TV・映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »