リスボンの市場

2017/01/05 Thu 05:30

えーと、まだ続いていた旅行記です。今回で終わらせたいと思います。

書きたいことがまだまだあった気がするんですが、だいぶ忘れてしまった…ものの、ポルトガルの食のことを書いておかなくては!ズバリ、いろいろ美味しかった!! お隣スペインも良いけど、甘党にはポルトガルおススメです。だてに日本にカステラ運び込んだ国じゃないですな。

リスボンではフードコートを併設した市場が人気だとかで、両方行ってきました。
リスボンの市場
先ずは、カンポ・デ・オウリケ市場。

リスボンの市場
近くに可愛い看板発見。

リスボンの市場
市場部分は14時に閉まってしまうけどフードコートは夜遅くまでやってます。

リスボンの市場

リスボンの市場
そんなに大きな市場ではないけど、海鮮系もお肉系も美味しいものが色々ありましたよ。

リスボンの市場
一方でこちらのリベイラ市場は500席もあるすごい広いフードコート。料理教室なんかもありましたよ。
リスボンの市場
日本にもありそうなエクレア屋さん。ちょうど日本人女性たちがお買い物してました。

リスボンの市場

リスボンの市場

リスボンの市場
毎日エッグタルト食べてたので、違いがわかる女になりました(゚∀゚) ど~も卵の黄味より片栗粉が多いと美味しくないらしい。たぶん。。。

どちらの市場も昔からの市場を最近改装したようで雰囲気は同じ。両方とも夕方でもすごく混んでいたので、改装して正解だった模様です。『これをブダペストの中央市場でやれたらねー』と言ったら、即答『無理だね』とのこと。だろうね(。-_-。)

ポルトガルは作家の檀一雄氏や俳優の高倉健氏なども愛した国だそうでして。そんなに大きくもなく素朴さもあって情緒あふれる感じがいいんでしょうかね。5日間の滞在中たくさんの客引きにあったんですが(-∀-)、皆総じて明るい!全く引かない!『店来なくていいからお喋りしましょう!』みたいなノリで、客引きの仕事すら楽しんでる感が良かったです。『この人ホントこの仕事好きなんだろうね』っていうのがわかる人っていいよね(゚∀゚)


今回もお世話になった地球の歩き方。これがなかったら地下鉄のパスモのようで切符のようなカードシステムわかんなかったな。。

おわり。



ポルトガル | コメント(0) | トラックバック(0)

リスボン旧市街

2016/12/13 Tue 05:58


逃げ恥にはまりすぎてドラマの結末が待てず、先に原作漫画全巻読んじゃいました…。ドラマは結構原作に沿って作られてるんだけど、細かなところはやっぱり違うし、原作には原作の良さもあって両方楽しめます。毎回『あとがき』があるんですが、作家さんの人柄の良さがすごい出てる(*^_^*)普段ほぼ漫画を読まないので存じ上げなかったんだけど、この方すげー良い人な気がします。

はて。まだ旅日記が続いているのでありました…。まぁでもすっかり記憶の彼方になりつつあるので写真で街巡りを…。

リスボン
ケーブルカー

リスボン
サンタ・ジュスタのエレベーター。エッフェルの弟子作。人が多く乗れず。。

リスボン

リスボン
いわし缶のお店。年毎のパッケージでその年に生まれた有名人やその年の出来事が書かれてます。まさにアイデア商品。

リスボン

リスボン
コルシオ広場

リスボン

リスボン

リスボン

リスボン
この鳥、ポルトガルのマスコット的存在らしい。お土産物にもよく使われてます。

リスボン
アズレージョのマグネットとか可愛いものがいっぱいありましたよ。

リスボン

リスボン

リスボン
リスボンの下町、アルファマ周辺。

こうして振り返ってみると、ポルトガルは空が広くて青くて綺麗だったなー、と。特にこの時期どんよりすることが多い国に住んでるので、かなりの違いを実感しました。

やっぱ天気が人体に与える影響って大きいような気がする(-∀-)

まだ、つづく。




ポルトガル | トラックバック(0)

ファティマの奇跡

2016/11/30 Wed 05:55

って、知ってます?

1917年ポルトガルのファティマという小さな村の3人の子どもたちの前に聖母マリアが出現するという奇跡が起きたそうでして。その後同地は世界的な聖地になっているそうな。(詳細は:ファティマの聖母(Wiki)にて)

今回ポルトガルのことを調べていて初めてこの地の存在を知り、俄然行きたくなったので、敬虔なクリスチャンである旦那ではなく、私のたっての希望によりこの聖地に行って参りました。ちなみに私は無宗教です。何なら自分教信者です(゚∀゚)

ファティマはリスボンからちょっと遠くて、バスで1時間半くらいかかりまして。本当は朝出発する予定が起きれず…、急遽夕方のミサのため午後に出発。

ファティマ
小さな村ではありますが、大祭の時には10万人の人が集まる場所なのですごい整備されてます。しかも村の割にホテルやレストランも多い。

ファティマ

ファティマ

ファティマ
ここ、とにかく広い!!収容人数30万人以上だとか。広さのせいかすごく清々しい空間でした。澄んでる感じ。

ファティマ
聖母が初めて子供たちの前に現れた場所に建てられている「出現の礼拝堂」。オーブがすごい。。

 ファティマ

ファティマ
三位一体教会。こんな大きな教会見たことないかも…って位大きかったです。残念ながら全く理解はできませんでしたが一応ミサにも参列。

ファティマ

ファティマ
バジリカ。

ファティマ

ファティマ
夕方の景色も何となく神秘的で素敵でした。

と、宗教心ない私でも行って良かったな、と思える場所でございましたよ。

(おまけ覚書:リスボンからファティマへ行く方法)
結構いろいろ調べないと行けなかったので、覚書的に残しておきます。

ファティマ
ファティマのバスターミナル。

1)リスボンからは列車でも行けるけど、駅から教会周辺まで距離があるのでバスがベター。
2)バスはリスボン「セッテ・リオス・バスターミナル」から30分から1時間おきごとに発着。
3)チケットはhttp://www.rede-expressos.pt/にてオンライン購入でき(Paypal可)、バスターミナルにある機械で予約番号記入で印刷可。往復約20ユーロ。




ポルトガル | コメント(0) | トラックバック(0)

ポルトガル シントラ

2016/11/24 Thu 07:10

シントラ
この日はリスボンから電車で40分くらいの所にあるシントラへ。王宮や宮殿などがあって、その景観は世界遺産にも登録されているそうな。

シントラ
先ずは2本の煙突が目印の王宮へ。結構な緑に囲まれた空間を歩いていきます。

シントラ

シントラ
王宮の正面から見える景色。

シントラ

シントラ
増築が繰り返されているため多彩な建築様式らしいです。

シントラ
長さ33mの煙突はこの大きな台所のものでした。王様のご飯が作られてた台所は相当大きかった(゚∀゚)さぞ美味しいものを食べておられたのでしょう。。

ペーナ宮殿
その後バスに乗った後こんな道を登り…

ペーナ宮殿
向かったのはペーナ宮殿。

ペーナ宮殿
こちらもイスラム、ゴシック等々寄せ集めだそうです。とりあえずカラフル。

ペーナ宮殿

ペーナ宮殿

ペーナ宮殿
ここでも台所気になりました…。あんな大きなお鍋で作ったらさぞかし旨いに違いない(-∀-)とか言ってたら、『ホント食べるの好きだよねー』と呆れられました(。-_-。)。

ペーナ宮殿

ペーナ宮殿

ペーナ宮殿
山の上にあるので、景色が本当に良かったです。

というわけで、シントラ、リスボンからの小旅行にお勧め。本当はここからバスで40分くらいの所にあるヨーロッパ最西端のロカ岬に行きたかったけど、時間切れというかスタミナ切れ。合わせて行きたい場合は現地ツアーとかに参加した方が良いのかも。

つづく。



ポルトガル | コメント(2) | トラックバック(0)

リスボン 水博物館

2016/11/19 Sat 06:08

 ポルトガルに行ってきまして。首都は昔リサボンと呼ばれていた気がしますが、リスボンなんですね、いつの間に。

そういう訳で旅日記を。。

あらかじめ言っておくとすると、ポルトガル良かった!また絶対行きたい!って国でした。

リスボン空港
リスボンの空港なかなか大きかった。
直行便がないようで行きはスイスのチューリッヒ経由帰りはドイツのミュンヘン経由でした。今は大手航空会社でも距離が短いと何も出て来なかったりしますが、スイスエアとルフトハンザはその点まだサービスが良かったです。取りあえず何かは出てきたよ(゚∀゚)

リスボン
で、初日はホテルから歩いて行ける範囲を散策。リスボンのシャンゼリゼ通りと言われるこのリベルダーデ通りは週末蚤の市と化します。

リスボン

リスボン
ポンバル伯爵広場&エドワード7世公園。犬たちも喜ぶような清々しい空間です。

リスボン
が、何しろこの街は坂が多くてしかも石畳なので歩き難い!スニーカーにすれば良かったな、と。。

リスボン
公園内に熱帯植物園があったので行ってみました。

リスボン
シダとか日本に馴染みのある植物が結構ありましたよ。

リスボン
ばなな?

リスボン水博物館
でもって本日のメインイベントは水博物館。東京でも幾つか行きましたが、リスボンでも水系外せません。ちなみに、うちら以外には見学客いない、何ともひっそりした建物です。。

リスボン水博物館

リスボン

リスボン
博物館といっても要は元浄水場を公開してるだけだったりしますが、屋上からは水道橋とリスボンの街が一望できます。

リスボン水博物館
この浄水場、リスボン大震災を乗り越えて結構最近まで使われてたらしいです。

リスボン水博物館
これ意外に深かった。

あんまり行く人もいないかもしれないけど、シンと静まり返った中で水の流れる音だけが聞こえる癒し空間で意外にオススメです。

つづく。


ポルトガル | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |