乾杯居酒屋

2016/11/01 Tue 04:44

前にも書いた料理番組を見ていたら、挑戦者たちが日本料理屋さんの寿司誠さんで料理する回がありまして。2チームに分かれて別々のメニューを料理し、それを招待客に提供して味を競うというものでした。

それぞれ自分たちが作るメニューを読み上げるも『WAKAME』やら『ONIGIRI』やらのワードが出てきたので、『自分たちの作るメニューの9割方どんな食べ物かわからない(T_T)』という挑戦者もいましたよ。

生まれてから一度も日本料理食べたことない人なんてざらにいますからねぇ。。(´・_・`)

で、天ぷらやら寿司やら見てたらやっぱ和食食べたくなるってなもので、先日ブダペストにあるこのお店に行ってきました。

乾杯居酒屋
ブダにある老舗和食屋さんFUJIの姉妹店のようです。西駅のすぐ近くという立地からか、お客さんは外国人が多かったです。

乾杯居酒屋

乾杯居酒屋
甘辛手羽なんてものもあり。(味が濃くて後ですげー喉渇いたけど(゚∀゚))

乾杯居酒屋
とんかつになぜかキムチが付いてきた。

お好み焼きなんかもあったので、FUJIよりやはりカジュアルなメニューも多かったかも。お味は個人的には大方満足(が、私の和食満足度ハードルは超低くなってるので当てになりません。)で、立地も良いのでまた行くと思います。

西駅近くで和食が恋しくなったら如何でしょう?
KANPAI IZAKAYA:http://kanpaiizakaya.hu/




-お店等(参考にならぬ) | コメント(2) | トラックバック(0)

ジェイミーのレストラン

2016/09/15 Thu 03:33

覚えてます?ジェイミー・オリバー。イギリスの料理研究家というのかな。日本ではかなり昔に一時流行ったというか話題になったように思います。そんな Jamie ですが、ヨーロッパでは相変わらず人気なんですよ。テレビ番組もあるし、本や彼の発行するマガジン?的な物もあれば、スーパーでは彼のブランド製品(調味料やパスタソースなど)が陳列されてます。

日本で紹介された頃は可愛い少年だった彼も今はポッチャリ気味の良いお父さんですが、何だかんだ言って彼の番組があるとついつい見ちゃいます。ただ、あ?毎回一緒じゃないか?っていうくらいに意外にレシピはシンプル。オリーブオイルをふんだんに使い、大好きだとかいうチリを使ってとにかく豪快男の料理。にんにくだって皮なんて剥いてられん、と叩いてそのまま鍋にぶち込みます。そして毎回『Oh, Fantastic!』の連呼。ほんとかね?と思いつつ、翌日には作ってみようかな…と思ったりするので完全に彼のパフォーマンスにやられます。レシピうんぬんより、見せ方がうまい。

と、前置きが長くなりましたがそんなジェイミーのレストランがブダペストに出来たので興味本位で行ってきまして。経営はブダペストで何店もレストラン経営やってるユダヤ系?の方のようなんですが、ジェイミーの出店条件結構厳しいらしいです。素材調達やら何やらキッチンの管理など細かいと聞いてたので、「そりゃ美味しいに違いない!」とかなり期待をして行きました。。
(↓写真がなぜかセピアモードになってしまい相変わらず酷いですが…。)

ジェイミー・オリバーレストラン
立地はブダの王宮近くでひっきりなしに観光客が通るすごい良い場所。

ジェイミー・オリバーレストラン

ジェイミー・オリバーレストラン
ネットで予約受付けしているのですが、平日でも結構すぐ埋まってます。ただ、予約枠が埋まるだけで当日空いてる席は結構あるので予約なしでも行けるのかも。。

ジェイミー・オリバーレストラン
このブルスケッタ美味しかった。

ジェイミー・オリバーレストラン

ジェイミー・オリバーレストラン
ピザはやめたほうが良いと何かの記事で読んだのでパスタにしました。

うーむ。普通にカルボナーラだったんですが、塩辛い。私は肉体労働者なみに濃い目の味が好きなので、私にとって濃い味だと相当の塩分量です…。完食できず、残念。

こういう時ってウェイターさんに言ったほうが親切なんですかね。ハンガリーでは塩辛い食事には『シェフが恋に落ちてる』という言い方をするんですが、『シェフが大恋愛しておられるようで…』と言おうかと思ったけどそんな勇気は無かったです。『量が多くて…ごにょごにょ』が精一杯(-∀-)

ジェイミー・オリバーレストラン
ティラミスは美味しかったらしい。

サービスもすごく良かった。いつかまた行くことがある…かも…しれ
ない(゚∀゚)

*あくまで個人的な体験なので気にしないで下さい*

HP:https://www.jamieoliver.com/italian/hungary




-お店等(参考にならぬ) | コメント(2) | トラックバック(0)

スペインバル Vickybarcelona

2016/05/31 Tue 03:00

スペインバル
いつだったか前にブダペストに行った時このスペインバル(https://www.facebook.com/vickybarcelonatapas/)に行ってみました。前回通りがかって気になったので入ろうとしたら、予約がないとダメだと言われたので今回は予約をして行きました。金曜の夜だったので一度は満席だと言われたけど、何とかカウンター席をゲット。

既にたくさんの人で賑わっていて、ラテンな音楽もかかっているのでハイテンションなエネルギーが漂う空間。(というか、このお店に限らず特に金曜日のユダヤ人地区の賑わいは異空間な感じです…。ハンガリーではないような。。)しかも、テレビで見かける有名人カップルもいました。

スペインバル

スペインバル

サングリアを飲みながら、オムレツやチョリソーをつまむ。と、懐かしのランダバやマカレナなんかが流れてきたので、妙に懐かしい気分に…(皆知らんでしょうな(*ノェノ))。

で。 新しいお店を見つける時はたいていTripadvisorで調べていくのですが、ここの評価がすごく分かれているので今回は迷いながらも行ってみることにしたんですよ。カウンターだったこともあって音も気にならずお喋りできたし、料理もそこそこ美味しくて何よりサービスがすごく良くて結果的にうちらは大満足。

あの評価の悪さは何だったんだろ・・とか思うけど、まぁお店やホテルの評価って、評価者の年齢や属性など色んな要因によって大きく左右されるから結構難しいですよねぇ。

今は本や映画をはじめ色んな物の評価が事前にわかってしまうけど、それに頼りすぎると素敵な出会いを見逃してしまうこともあるから、やっぱり自分の『見てみたい!』や『行ってみたい!』という直感というのか素直な気持ちを大事にしたいなと思った今日この頃です。

(というわけで、私がここでうまいだの、まずいだのグダグダ書いていることも当てにならないので気にしないで下さい(゚∀゚))


-お店等(参考にならぬ) | コメント(3) | トラックバック(0)

DiVinoでワインを選ぶ

2015/12/10 Thu 23:50

いやはやもうすぐ正月ですよ。どうなってんだ。

どーにも苦手な分野の仕事でなかなかしんどい日々でしたが( ノД`)一まず目途がついたのでブログ更新です。いくつか書きたいと思ってたことあったんだけど、書かないうちに忘れていっちゃうから困ったもんだ・・・。

で。お正月は久々に日本の実家で過ごすことになったので、お土産に美味しい赤ワインを持って帰ろうと先日ブダペストのワインバーDiVinoに行ってきました。ずっと前から行きたいと思ってたけど機会に恵まれず、今回がやっと初めての訪問です。

ブダペストワインバー

ブダペストワインバー

国内に数店舗あるようですが、今回行ったのはGozsdu-udvarのお店。このワインバーはワインの若手醸造家さんたちがスタートしたそうで、品揃えなんかも良いみたい。平日の夜だったけど、結構お客さん次々に入って来てました。

ブダペストワインバー
つまみ系から割としっかりした食事まで置いてありましたが、椅子が高くてあまり落ち着かないので、長居する感じじゃないかも。日本の飲み文化と違ってこっちは食事と飲みは別なので、飲んでるだけの人も多かったですね。

ハンガリーおすすめワイン
『フルボディまではいかず、でも軽くもない』赤ワインのおススメがこちらの2本。エゲルのBolyki(メルロー2012)と、セクサールドのVESZTERGOMBI(カベルネソービニヨン2013)。どちらも飲みやすくて美味しかったです(ま、ワインのこと全くわかんないけどね(゚∀゚))。

HP:Divino
やっぱり本当に美味しいワインは専門家に聞いた方が確実ですな。雰囲気も食事もサービスも良かったし、機会があったらまた行きたいです。


-お店等(参考にならぬ) | コメント(2) | トラックバック(0)

レストランウィーク

2015/11/17 Tue 17:46

先日、ハンガリーが何十年ぶりにサッカーの欧州選手権に出場することが決まりまして。ホームでの試合で決まったんですが、すごい喜び様でまさに歴史的瞬間といった感じでした。サッカーよくわかんないんけど、『なぁんだ、ハンガリーチーム上手いじゃんー』なんて見てて私も思いましたよ。チームワークが良いというのかなんというのか・・・(語彙力があれですけど・・・)。

来年のフランスでの試合頑張ってほしいものです。

はて。先月あたりレストランでコースが格安で食べられたりするレストランウィークなるものがあり、2店ほど行ってまいりました。国内で年に1回か2回か行われているようですが、メインはやはりブダペストのレストランのようです。

1店目はインド料理店salaambombay。実はハンガリーでインド料理店行くの初めて。

ボンベイレストラン
いっぱい出てきて何が何だかわかんなかったけど、本格的で(当たり前ですけども)どれも美味しかったです。ただ、ナンは自分で作ったやつのが美味しいかな~ナンて。ってかナンじゃないんじゃ?! チャパティってのかな、平べったいやつ。

実はこちらにはブログを通して知り合った、日本から観光に来ていた方と行きまして。彼女は海外のローカル線でもがんがん旅するフットワークの軽い女性で、このお店も彼女に日本から予約してもらって行きました・・・しかも、私なんかより旅情報いろいろ詳しい。趣味とはいえまがりなりにも旅行情報サイトなんぞやってるのでもうちょっと勉強しないとなぁ・・・とちと反省です。。でも日本のこととか色々聞けて(&何より日本語でおしゃべりできて)楽しかったーこういう時ブログやっててホントよかったなぁと思います。また来て下さい!

でもって2店目は別の日に旦那と行ったこちら(http://www.vakvarju.com/)のお店。

有名なお店なのかな、ブダペスト近辺に4,5店舗あるみたいです。

盲目ガラス
フォアグラのブリュレ。これがねぇ最高に美味しくてパンの御代りまでもらって完食した結果・・・

盲目ガラス
この牛ほほ肉の煮込みとやらがほとんど食べれず終い・・・。

盲目ガラス
旦那の頼んだ何かも美味しかったらしい。

盲目ガラス
外国人観光客の方が多かった印象はあるけど、スタッフのサービスもすごく良かったしここは是非ともまた行きたいです。

からす
名刺の裏の一言が可愛い。

おまけ:
フォアグラもどき

あまりにフォアグラブリュレが美味しかったので、安いフォアグラクリーム使って再現試みたけど全然違うもんになってしまいました・・・。ちゃんとしたフォアグラ使って再挑戦したい!


-お店等(参考にならぬ) | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »