きな粉を作る

2017/01/26 Thu 01:14

日本のニュースで『長距離バスの運転手さんが寝込んじゃった!』というニュースを見ました(゚∀゚)

つい先日ハンガリーの大学生たちを乗せた長距離バスがイタリアの高速道路で事故って多くの死傷者が出たんですよ。状況があまりに悲惨すぎてニュース見るのも辛い位の大事故だったんですが、その後に見たこの寝込んじゃったニュースだったので、私としてはもうとにかく『皆生きてて良かったねー』って感じです。連絡せずに寝るなんてけしからん!のだけど、もうね、事故になるよりいいです。本当に。

はて。タイトル通りきな粉作りまして。家で作れるって知ってました?

きな粉
大豆(洗って軽く乾燥済)をフライパンでちょっと炒って

きな粉
すり鉢でする

きな粉
と、1日かかりそうだったので、コーヒーミルで攪拌。

きな粉
出来上がり。

もうすぐ節分ですが、余った大豆の消化に如何でしょうか(*゚ェ゚*)



日本食材作り | コメント(2) | トラックバック(0)

きびのおもち?

2017/01/13 Fri 07:26

お正月に実家から救援物資便を送ってもらったものの、『おもち』を入れてもらうのを忘れてまして。やたらお正月のおもち写真を見ていたらどうしても食べたくなり、その中にあった雑穀で作ったお餅なるものにちょっと挑戦してみるかと重い腰を上げて作ってみました。
キビだんご

キビだんご
健康志向なお義母さんが『キビ(köles)』を買って保管してたので今回はこれを使うことに。そう、桃太郎が団子にしてたやつです。

キビだんご
キビを炊いて、すり鉢ですって団子にして、

キビだんご
小豆から炊いたお汁粉にINしてみました。

ら!!!

美味しくない(゚∀゚) 

ややや、お汁粉におにぎり🍙が入ったような。まったくもってマッチしてないよ!

どうもキビにも『うるち種』と『もち種』とか種類があるらしいのでその違いだったんでしょうか…。『もちキビ』じゃないとダメだったのかも。。でもそんなん売ってるんかいな…。

これでまた一つ穀物に詳しくなりました(-∀-)


日本食材作り | コメント(0) | トラックバック(0)

そば的な何か

2016/11/11 Fri 01:11

いやはやアメリカ大統領選ビックリな結果になりましたね。英国のEU離脱が決まった時『こりゃトランプもありうるかもな』なんて思ってましたが、まさか本当になるとはねぇ(-∀-) 行くところまで行って、ゼロから再生するみたいな流れなのでしょうか。。。



全文和訳掲載サイト:http://logmi.jp/168757

一方、ヒラリーさんの演説が話題になってるみたいなのですが、本当に素敵な内容なので是非読んでみて下さい。人生を賭けた勝負での大きな敗北でつき物が落ちて素直な初心の頃の気持ちを表してる気がします。途中で色んなものを抱えちゃったけどこの人のスタートはここだったんだろうな…と。

にしても、トランプ…ねぇ(。-_-。) カナダの移民局のサーバーが落ちるのもわかる…。

はて。そんな歴史的な日ではありましたが、そばらしきものを作りまして。

そば粉 
そばの実は見たことあったけど、そば粉は売ってるとこ見たことなくて今回初めて買ってみました。ポーランド産。ロシアやウクライナではそば粉をよく使うとか聞いたことあるけど、地域的に特産なのかな…。そば粉としては色も薄く香りもほとんどない感じ。。(って書いたけど日本で「そば粉」を買った記憶ないな…)

そば?
初心者は小麦粉との配合を5:5くらいからスタートした方が良いらしいんだけど、それだとそばの味が感じられそうにないので、7:3で小麦粉と混ぜて何とか麺状にしました。が、やっぱポロポロ切れる。

茹でたやつは見るに堪えない無残なものなのであえて写真撮らず。味はあのそば特有の香りや風味的なものはほぼ感じられない、短いうどん麺って感じでした。かなりの修行を必要とする模様です。

んー。そばよりガレットの方が向いてるのかな。。



日本食材作り | コメント(2) | トラックバック(0)

クルトシュふたたび

2016/10/14 Fri 03:56

今こっちでやってる料理コンテスト番組があって、結構気に入って見ています。料理好きの挑戦者たちが毎回課題に応えて調理し、それを有名シェフを含めた審査員が審査する形式。優勝者は賞金1,000万HUFが貰えるとか。

挑戦者にはハンガリー在住の外国人もいたり、海外在住のハンガリー人もいたりしてそれぞれの食文化も垣間見れたりします。中には「え?あんたよくそれで出場したね」という勇敢な人たちもいたり(゚∀゚)海がない国なのでどうしても魚系の課題には皆苦戦してますね。海老なんかを調理したことはおろか食べたこともない人もいっぱいいますのでね・・・。

試合のルールは結構えぐい部分もあるんだけど、色んな料理テクニックを知れるし、ミシュランシェフがどうやって創作料理をするのか見れるのもすごく楽しいです。そんな中でも、シェフが最後にその日脱落した人に素敵な言葉をかけてくれる場面が一番好きかな。その人の料理や姿勢で良かったところを誉めてあげるので、きっとその人たちはずっと料理を好きでいられるんだろうなと思います。負けたとしても皆晴れ晴れと勉強になった!って感じで帰っていってます。こういう風に導くと人ってきっとすごい伸びるよねー(゚∀゚)

で、前置きが長くなったけど、そのシェフがオーブンで作るクルトシュカラーチを披露していたので早速やってみました。

クルトゥシュカラーチ
アルミ缶+アルミ箔でオーブン内で立てて焼く!という。そうか、立てて焼くってのは盲点でした。アルミ箔にサラダ油を塗り、発酵したパン生地を巻き付けます。卵黄か水を塗った上でシナモン+砂糖、クルミ+砂糖など好みのパウダーをつけて焼き上げます。(およその生地材料:小麦粉250g、牛乳120cc、卵1個、バター10g、イースト7g、砂糖15g、塩少々)

クルトゥシュカラーチ
が、実際やってみるとサラダ油で生地が滑って立てては焼けないことが判明!!最後まで巻いてはダメだった模様…。仕方ないのでオーブンシートに寝かせて焼きましたが、なかなか上手くできました。

クルトゥシュカラーチ
残りはコルネ?用の器具でミニクルトゥシュに。これはこれで手軽で良いです。だんだんクルトゥシュ職人になってきた(*ノェノ)

おまけ:
沖縄でクルトシュのお店の前まで行ったんですが、看板に「チェコの伝統菓子」とあると説明すると「クルトシュはハンガリーのもんだ!」と旦那の逆鱗に触れたため入店せず帰りました(。-_-。)

というわけで、クルトシュ、発祥地問題が時に発生するおやつです。スロバキア、ルーマニアはたまたドイツまで加わるので大変です。ぶっちゃけパン生地を炭火で焼いた単純なおやつなので同時発祥もありうるんじゃね?とか外国人の私は思いますが、真相はいかに・・・(-∀-)



料理/お菓子作り | コメント(2) | トラックバック(0)

ヘーゼルナッツって

2016/09/01 Thu 03:33

ヘーゼルナッツって実物見たことあります?

カシューナッツ、マカダミアナッツでもなく、ヘーゼルナッツ。私はこっちに来るまで見たことなかったと思います。それか記憶に残ってないだけかな…。


人気のNutellaもヘーゼルナッツとチョコで出来てます。アイス屋さんでもしあれば私が必ず注文するのもヘーゼルナッツかなー。ヨーロッパのナッツなんですかね。。

ヘーゼルナッツ
実物こんなやつ。家の前に木が生えてるのですが今年は豊作らしくたくさん穫れました。

ヘーゼルナッツ
一つ一つ殻を割って実を取り出してやります。すげー地味な作業ですが瞑想がわりについつい黙々と(o゚∀゚o)こういう作業頭がスッキリするので意外に好きです。

ヘーゼルナッツ
で。アーモンドパウダーの代わりにヘーゼルナッツパウダーでクッキー作ってみました。まぁこれはこれで美味しいですが、主張が激しいナッツのようでアーモンドの代わりにはならないと判明。

残り何に使おう。自家製Nutella作るかなぁ(*゚ェ゚*)




料理/お菓子作り | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »