amazonギフト券詐欺

2017/10/05 Thu 00:00

のんびり旅日記を更新している場合じゃない事態が発生(-∀-) といっても被害者は母です。どうか皆さんも気をつけて下さいませ。

<本詐欺の流れ>
1)携帯のメール(SMS)に【電話料金の未払いについて】というメールが届く。
2)「おかしいな、自動引き落としなのに。」と思いつつ、あろうことかメールに記載の電話番号に電話。
3)何やかんや言いくるめられてセブンイレブンに行ってアマゾンギフト券5万円分購入するよう指示される。
4)なぜか素直に指示に従い購入して相手にギフト券裏の番号を告げる。相手側からカード自体は封筒ごとポストに入れるよう指示される。
5)郵便局のポストに行く際に「ん?宛名も何もないものをポストに投函?」と不信に思い、郵便局の人に確認。郵便局員わらわら集まり、そりゃ詐欺だと発覚。


アマゾンギフト券とはアマゾンでお買い物できる券なのですが、数字で構成された要は電子マネーです。

自分でアマゾンのアカウントを持っていて、もし詐欺に気づいて相手より先にこの電子マネーを自分のアカウントに登録できていれば実質被害はないんですが、母はアマゾンのアカウントを持っていなかったため対応が遅れました。警察に被害届を出したそうですがどうなることでしょう(´・_・`)

ちょっと調べてみたんですが、このギフト券系の詐欺って結構あるんですね。転売されたものを買ったら使えなかったとか云々。電子マネーは便利な一方で犯罪に使われやすいのかな。。

母が得た今回の教訓
1)「自分は絶対に詐欺に引っかからない」という妙な自信を持たないこと。
…この私が!!きーっ!となっていましたが、警察署に「お金に関することは詐欺!」というポスターが貼ってあったそうで妙に納得してました。過信禁物。

2)日常の雑多なことに振り回されて「心ここにあらず」の状態でいないこと。
…父のお世話もあって分刻みで動いているので「今やれることは今やっちゃえ!」と深く考えることなしに雑務をこなしているらしく、それが今回の事態を招いたようです。この金額が10万円とかだったら「おかしいな」と気づいたはずなんですが、相手もそれを承知でこの金額だったんでしょうね。

私としてはほんの数日前にツイッターで新種の手の込んだ詐欺の件を読んでいて、母に伝えようとしていた矢先にこれが起きました。手が込んでもないこんな初歩的な詐欺になんで引っかかるかな~(。-_-。) 

ちなみに、音声ガイダンスを使った手の込んだ詐欺についての記事↓
【注意】これは騙される…「新手の詐欺電話」が巧妙すぎ!

皆さん、気をつけましょう(-∀-)


未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
見たい

以下、サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼ブログ「女子、カミーノを目指す」より転載します。**********待ってました!--------------------カミーノが舞台の映画「Th
カミーノ映画 「The Way」が上映されます




未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |