ボヘミアン・ラプソディ

2018/12/13 Thu 05:05


日本でヒットしているというこの映画を見に行ってきました。

ハンガリーでのハリウッド映画公開って日本より早いのか、いつも見たい!って思った時にはだいたい終わってるんですよねぇ。でも今回は地元でもまだやってたので間に合いました!

で、すごい良かったです!これは映画館で観た方がいいやつですね。臨場感あってコンサート会場にいる感じで楽しめました。(映画ナイトミュージアムでエジプトの王子をやってた俳優さん、今回フレディになりきっててすごい上手いです(゚∀゚))

特にクイーンのファンでもないし、そもそも良く知らなかったんですが( /ω)そんな私でも映画で出てきた曲は全て聞いたことある気がします。あと猫ちゃんがいっぱい出てきて可愛いかった猫好きの方だったんですね

(あと、男性同士のキスシーンで『うえぇ』とか『気持ちわりー』って反応する人たちが結構いたけどお国柄かな?日本ではどうですかねぇ。)

マーキュリーの名前を選んだのも意味があったみたい。占星術好きな人には楽しめる記事かと。

86年にブダペストでもコンサートをしていてすごい盛り上がったらしいです。冷戦下の共産国でのロックコンサートということでも他とは違ったんでしょうねぇ。

見てない方は是非映画館へ!
いやぁ、映画っていいですね(゚∀゚)


関連記事

TV・映画・本 | コメント(0) | トラックバック(0)
最近ブダペスト内にゲリラ的に出現してるというミニ銅像を探しに行きました。

ドナウ川の虫

ドナウ川の虫
ドナウ川沿岸の虫。昔のテレビアニメに出てくる魚釣りの餌用の虫です。仕事しない虫なので、こうして景色を眺めているのはピッタリなのかも。

チェック耳のうさぎ
王宮付近のうさぎ。こちらもテレビアニメの主人公。

ヤギ
セールカールマン広場のヤギ。こちらも同じくテレビアニメからで、大口叩く割にいい加減な仕事しかしないキャラクター。最近改築されたこの広場に設置するのは作者の皮肉?

ピストルりす

刑事コロンボ
刑事コロンボ像の裏でピストルを持った状態で発見されたリス。

かえる
自由広場の中心で佇むカエル。

以上、いまのところ5匹です。

この寒い中むちゃくちゃ歩いて捕獲作業にあたりました(゚∀゚) 地味に楽しかった( ^ω^ )
作者、設置場所や由来などの詳細をサイトの記事(http://hungary2.com/miniszoborok/)にまとめたので是非ご覧下さいまし。ミニ像を探すツアーでもやろうかな(=∀=)


関連記事

ブダペスト | コメント(0) | トラックバック(0)
m9_20181202043439040.jpg
寒いです。こんな感じで山の方は雪が降りましたよ。

そんな中、テレビで見て以来ずっと行ってみたいと思っていたミシュコルツにあるピザ屋さんに行ってきました。

ミシュコルツ
ちゃんとミシュコルツの街を訪れたのは今回はじめてでしたが、路面電車が走ってるとは知りませんでしたー。

vilagbeke
お目当てのピザ屋さんはその路面電車が走っている大通りに面してるところにあります。コーヒー、ピザ、世界平和っていうなかなか壮大な店名です。

vilagbeke
encsにある有名なイタリアン『Anyukam mondta』の系列店で、同店の商品が色々売ってます。

vilagbeke

vilagbeke
カウンターで食べたいピザを注文後焼いてくれて、ベルが鳴ったら取りに行くシステムです。

ゴルゴンゾーラとハムのピザだったけど凄く美味しかった~。ボロネーゼや何やら変わった組み合わせのピザもあります。生地はハンガリーのレペーニュといわれるパンとピザの中間みたいな感じで厚いので食べごたえあり。

m7_2018120204343931c.jpg
デザートも美味しい。

m8_201812020434406f7.jpg
それでもってコーヒーがとんでもなく美味しかったです。コーヒーの味わかる人間ではないけど、とても美味しいことはわかりました(゚∀゚)

有名店が出したカジュアル路線のお店ということで、かなり先入観も入ってるかもしれないのですが( /ω)個人的にはまた是非行きたいお店です。も~しお近くに行かれる際は如何でしょうか。

おまけ:
本当はこの近くにあるケーキ屋さん(FB:https://www.facebook.com/desszertemmiskolc/)にも行きたかったんですが場所を探せず断念(旦那が短気を起こしたため(。-_-。)。)フランスのル・コルドンブルーだかを首席で卒業した女性パティシエが作るケーキは、国内のケーキ屋さんトップ10に入ってる模様です。こちらも是非ご一緒に。

あぁ、いつの日かリベンジしたいです(。pω-。)


関連記事

エゲル等北部 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »