秋のハンガリー

2017/11/21 Tue 05:55

先日日本から友人たちが遊びに来たのでハンガリーを案内しました。空港で「ようこそ~御一行様」というプラカードで出迎えようと用意までしていたのに、まさかの遅刻という失態( /ω) 出迎えるどころか待たせてしまった…。ごめん

ブダペスト
単なる自己満足でしかない、こんな旅のしおりも作りましたよ。暇人か(゚∀゚)
今時は良いテンプレートがあるんですよねぇ。
利用サイト:https://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc/season/travelguide/default.aspx

正味2日間だったので、1日はブダペスト、2日目はバラトン湖周辺と駆け足になりましたが何となくハンガリーの雰囲気は味わえたのではないかな、と。あんまり写真撮れなかったけど、以下、秋のハンガリーの雰囲気をご紹介致します。

ブダペスト

ブダペスト

ブダペスト
すっかり秋ですね。

ブダペスト

ブダペスト

ブダペストの色んな銅像を見ては旦那が張り切って色々歴史を解説するも訳すの面倒くさくて私は終始『なんか重要人物らしーよ』と言ってました…(-∀-)

ヘレンド工場
ヘレンドは私自身は2回目ですが3Dを使った映像鑑賞なんかも出来てて結構楽しめましたよ。お客さんの日本人率が妙に高かった(・∀・)

ヘレンド工場
併設のカフェではヘレンドのカップでコーヒーを頂けまして(料金はチケットに含まれてる)、とっても優雅で贅沢な時間でございました。コーヒーは不味かったけど(´・_・`)

ティハニ
ティハニにて。う~む、バラトン湖はやっぱり夏の景色が綺麗ですかねぇ。

チョパク
お気に入りのレストランにて。

ブダペスト
上手く撮れなかったけど、ツィタデラから見たブダペストの夜景。ここは是非自分の目で確かめて頂ければと!

な~んと、この後まさかの飲酒検問が!!夕食時に旦那もビールを味見程度で飲んだんですけど、安定の驚異的なアルコール分解力によりまたも検出されず(*゚▽゚*) (去年も同時期に遭遇してます…)なんともスリリングな旅の終わりでした。

住んでると意外に観光ってしないので色々発見もあって楽しかったです、うちらが(^-^)
(もうちょっと歴史とか勉強してるとガイドの役割も果たせるんでしょうねぇ…

おまけ:
かもめ食堂
友人に送ってもらったヘルシンキのかもめ食堂の写真。日本人オーナーに代わって、おにぎりなんかもあるのだとか!いつか行ってみたいです。


関連記事

ブダペスト | コメント(0) | トラックバック(0)

食のExpo

2017/11/07 Tue 06:52

いつの間にやら今年もあと2ヶ月弱です(゚∀゚) 今年も何もしてない気がするけど、きっと気のせいでしょう(-∀-)

はて。9月だったかと思うんですが、Hungexpoというところで食品系の展示会があり、義理の両親と3人で行ってきました。

Hungexpo
Hungexpo:http://hungexpo.hu/ 

Hungexpo
国内・海外の食品や農業関係のものが紹介されてます。

今回の招待ゲスト国が日本ということで、日本食のメーカーさんが多々来てました。(オランダ等ヨーロッパの現地法人が来てる感じでした。)

Hungexpo

Hungexpo
今回の訪問理由はお義母さんが試食をしたがっていた「WAGYU」だったんですけどね。。もう既にショーケースは空っぽで単なるポスター展示だけでした…。残念。

Hungexpo
「出汁」の取り方のデモンストレーション。日本人女性の料理学校の先生が教えてらっしゃいます。この方雑誌とかでも見るので有名な方みたいです。「だしを取るときにイライラしてると、だしの味が悪くなるから気をつけて」と仰っていて『ほぅ、気を付けよう』とか思ったけど…そもそも出汁をとることが…ねぇな。。

Hungexpo
トランシルバニアのコロンドという磁器食器や、

Hungexpo
レースの実演なども。

建物もいくつも棟にわかれていて、それぞれ結構な展示ブースなので真剣に見ると1日かかる大きな展示会です。

Hungexpo

Hungexpo
お昼は豆グヤーシュとグンデルパラチンタ。

コモンドール
ハンガリー原産種のコモンドールがのしのし歩いてたよ。

和牛は残念でしたが、色んなもの見れて美味しいもの買えて楽しかったです。2,3年に1回くらいなのかな。機会がありましたら是非に。


関連記事

ブダペスト | コメント(0) | トラックバック(0)

断る勇気

2017/10/26 Thu 03:33

選挙ありましたね。私も在外で投票しましたが、毎回世論と自分の考えの違いに驚きます…(゚∀゚) 

はて、先日のつづき。取材をお手伝いした記者さんがその後長期休暇を利用してハンガリーにも寄ってくれたので再会しました。

取材の最中、初めてのヨーロッパで見るもの全てに感激していた彼女、近いうちに長期休暇がもらえるのでまた遊びに来たいと言っていて。でも「休暇の間に先輩たちと国内旅行に行く約束してるから無理だなぁ、」と言ってたんですよ。そこで私は「そんなん断れば?」って唆した。国内旅行はいつでもできるけど、ヨーロッパには年に一回の長期休暇くらいにしか来れない訳だから・・・。

ら、本当に断って出発3日前に航空券取ってザック背負ってフランスに出発したそうな。飛行機の乗り継ぎもままならなかった彼女がこっちのLcc やバスを駆使して欧州数ヶ国回ってきたと、生き生きと話してくれたのは驚きと同時にすごく嬉しかったです。

で、それが出来たのも「キャンセルすれば?」と唆した私のお陰だと!
おほ(゚∀゚)
「断ったりしたら生意気と思われないか・・・」と心配してたので、「そんなもんは思わせときゃいいよ。」とピシッと言ってやりましたのでね(=∀=)

まぁでもねぇ、今は周りがどう思おうと自分のしたい選択を躊躇なくしてるけど、確かに若い頃は私も周りがどう思うかなんてことを気にしてたからねぇ。断るのす~ごく勇気いっただろうなぁ、と思います。(いやあの、約束は守らなくていいとかいう話ではないですよ、念のため)

空気読んで周りに合わせるってある意味楽ではあるんだけど、楽しくないんですよね。どうしたって自分の本心とは違う選択してる訳だから・・・。しかも、自分は自己を犠牲にして周りのために選択してるから、そうじゃない人(いわゆる「空気読めない奴」)には寛容になれない・・・。で、全体に不満が渦巻いていく、というループ。

各人が自分の幸せのために他人に嫌われる勇気をもってものごと選択していくと、結果みんな幸せになっていくんじゃないかなと思います。

読んでない方は是非。


関連記事

TV・映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »